不況に強いアグリビジネス、フラワービジネス、フードビジネスの業界で即戦力として活躍できる人材を育成する群馬県前橋市の農業専門学校

お問い合わせ・資料請求はお気軽に
交通アクセス
見学・説明は毎日受付
9:00〜17:00(土日・祝日を除く)
0120-040066
コース紹介
学びながら働く実践の2・4年間
全国初!
農業分野の日本版デュアルシステム
日本版デュアルシステムとは中央農業大学校での学習と職業教育連携企業における実習を組み合わせて実施し企業実習の成績評価を行うプログラムです。
本学科はファームドゥグループ中央農業大学校が職業教育連携をすることで、農業で世界に貢献できる人材を育成します。

学習フロー

履修内容

  • 農業基礎概論
  • 野菜園芸概論
  • 花卉園芸概論
  • 農業経営概論
  • 農業機械概論
  • 食農概論
  • 農産物加工論
  • 食品流通論
  • 6次産業化商品開発 Ⅰ・Ⅱ
  • ソーラーファーム経営学
  • ソーラーシステム概論
  • 電気基礎
  • 応用化学
  • 果樹園芸概論
  • 有機農法
  • 環境と農業
  • 販売・経営管理
  • マーケティング
  • マーチャンダイジング
  • ICT基礎・応用
  • 農業データベース
  • パソコン実習 Ⅰ・Ⅱ
  • POP・色彩
  • ビジネス教養
  • 簿記会計
  • 経済学
  • 卒業研究

ファームドゥ育農基金(給付型)

1年間101万円の支援(最長4年間)

1年間101万円の支援(最長4年間)

入学金と学級費のみの負担で受講が可能

「ファームドゥ育農基金」は“ファーム農業経営学科”の6次産業化ファームドゥコース、ソーラーファームコースに適用されます。「学びながら働く」日本版デュアルシステムを導入し、ファームドゥグループでの実習を単位と認め、実習の対価として、校納金(設備費、維持費、授業料)、実践教育指導費(実習費、特別指導費)の費用を奨学金として支援します。
年間最大101万円の支援により、本人負担は入学金と学級費(約31~34万円)のみの負担で受講が可能となります。

「若者に夢のある新しい農業のカタチ」を目指すファームドゥグループで実学を通し、稼げる農業人材を育成する。

農業を志す若者に育農基金を設立し、安心して学べる環境です。本学科では、太陽光で電気と野菜を同時につくるソーラーファームを基礎技術として、安定した高収入を得られる農業経営ノウハウを習得します。また、生産~加工~流通販売までの農業の6次産業化を教室で学ぶと共に、ビジネス現場である食の駅店舗、生産面ではファームクラブで実習し、卒業後の進路選択に役立てます。

ファームドゥグループ 代表取締役岩井雅之 様

ファームドゥ代表

6次産業化ファームドゥ®コースファーム農業経営学科

2年制 4年制
生産・加工・販売を基軸にした6次産業化を学ぶ
ファームドゥグループのビジネス現場を通して、新しい農業の形で実践的に学びます。

学びのポイント

  • 1 農業6次産業化を
    実践的に学ぶ
    これからの時代の要となる生産・加工・販売を一体化させた『6次産業化』を体験的に学び、新しい農業の担い手を育成します。
  • 2 多彩な農作物の
    栽培技術を習得
    水耕栽培や砂耕栽培、露地栽培といった様々な栽培技術ほか、ゼロアグリなど農業ICTをはじめとする最先端の農業技術も学びます。
  • 3 東京・横浜などで
    店舗実習も体験
    生産者と消費者の架け橋となっている『食の駅』など群馬県を中心に、東京や横浜などの先進的な店舗でも実習を行います。

ファームドゥグループのビジネス現場を通して新しい農業のカタチを実践的に学びます

有機農法を実践的に学ぶ
1次産業“生産”を『農業生産法人ファームクラブ』で学ぶ
業界に先駆けた農業の事業化にチャレンジする『農業生産法人ファームクラブ』で、モーツアルトを聴かせて育てる『クラシック苺』をはじめとする苗や野菜、果物栽培など幅広い技術を実践的に学びます。
農業機械の操作やメンテナンスを学ぶ
2次産業“加工”を『ファームキッチン』や集荷場で学ぶ
野菜の旨み、素材の良さをそのまま残した加熱処理の最新技術『ソフトスチーム加工』や健康成分と旨味を残す『金芽米』の新しい精米技術など、農産物の付加価値を高める「加工」の先駆的な技術を学びます。
食品加工・販売を学ぶ
3次産業“販売・流通”を『食の駅』や『地産マルシェ』で学ぶ
これまでの流通とは異なった、生産者と消費者をつなぐ新たな生産者直売システムを、グループ店舗である『食の駅』、『地産マルシェ』などで学びます。生産者や消費者と直接、触れ合うことで様々な経験を積むことができます。

目指す就職先

  • ファームドゥ㈱
  • 農業生産法人
  •  ㈲ファームクラブ
  • ファームランド㈱
  • ファームドゥ農援ʼS
  • 食の駅
  • 地産マルシェ
  • 農業生産法人
  • 種苗会社
  • 青果卸売市場
メッセージ
MESSAGE
さまざまな栽培方法や最先端の技術を学び、農業のやりがい、面白さを体感できます
『農業生産法人ファームクラブ』は水耕野菜や露地野菜など多くの作物を栽培しています。ほ場に行くだけでなく、パソコンやタブレットを使って遠隔地から管理する新たな栽培システムをはじめ、さまざまな栽培方法を実践しています。農業を大変な仕事だと思っている人は少なくないと思いますが、実際に最先端の農業に触れることで、これまでのイメージが覆ることでしょう。ファームクラブで学ぶことで、農業で得られる楽しさ、やりがい、面白さをともに分かち合っていきましょう。
㈲ファームクラブマネージャー
新井千尋 様

ソーラーファーム®コースファーム農業経営学科

2年制 4年制
技術革新で新しい農業のかたちをつくる
最先端の『ソーラーファームシステム』により日本国内および世界に普及していく人材を育成します。

学びのポイント

  • 1 ソーラーシェアリングを
    実践的に学ぶ
    農地に太陽光発電を設置し、発電と営農を同時に行う『ソーラーシェアリング』。時代を先取りした未来型農業を実践的に学びます。
  • 2 耕作放棄地の
    有効活用を学習
    高齢化や過疎化などで年々増加する耕作放棄地を、新たな生産地として有効活用するための具体的な方法や手段を学びます。
  • 3 海外へ羽ばたく人材も育成
    日本だけでなく海外の農業を指導・支援するために、生産・流通・技術の面を幅広く学び、国内外で活躍できる人材を育成します。

最先端の『ソーラーファームシステム』により日本国内および世界に普及していく人材を育成します

環境・経済的に優れた次世代エネルギー太陽光発電で地域貢献も

国の政策で推進される再生可能エネルギーは、国民からも広く支持を得ています。独自の性能を有するパネルとパワーコンディショナー(パワコン)を採用し、安定した高出力の発電力を保持するとともに、規模のメリットでコストを抑えることに成功しています。

ビニールハウスの上で太陽光発電を行う『ソーラーファームシステム』

ビニールハウスと太陽光発電を組み合せた最先端『ソーラーファームシステム』により、安定した生産性と売電益で収入向上を実現できます。 ※このソーラーファームシステムは日本・米国・中国・ベトナム・タイ・台湾・モンゴルで、太陽光パネル付栽培システムなどの特許を取得しています。

目指す就職先

  • ファームドゥ株式会社
  • 農業生産法人 有限会社ファームクラブ
  • ファームランド株式会社
  • ファームドゥ農援ʼS
  • 食の駅
  • 地産マルシェ
  • 農業機械販売会社
  • 農業新規参入企業
  • 農業関連企業
メッセージ
MESSAGE
『ソーラーファームシステム』を学び、エネルギー兼業農家として成功を!
この学科で身につけるスキルは、次世代の農業者として不可欠なものとなるでしょう。初めて学ぶ内容、機械的なことが苦手な学生でも、基礎からしっかりサポートし、オペレーターではなく自ら考えられるクリエイターとなるよう、みなさんを導きます。『ソーラーファームシステム』を学び、 エネルギー兼業農家として成功してください!
【略歴】ソフトハウスでプログラマー、SEとして勤務後、講師に。企画立案・開発で培った知識と経験が豊富。1993年より現職。専門科目はHP制作、プログラミング実習等。
担当講師/副校長
住谷公久
CLOSE
pagetop