医療福祉秘書学科

DEPARTMENT OF MEDICAL CARE NURTURE

  • (一社)日本病院会認定 診療情報管理士教育指定校
  • 文部科学大臣認定 職業実践専門課程

診療情報管理士専攻

[2年+1年制]

医療福祉秘書専攻

[2年制]

ドクタークラーク専攻

[2年制]

「高い資格合格率」と
大規模病院から
小さな病院・クリニックまで
医療機関を支える
事務の分野で
「幅広い職域選択」ができる!

患者さまのために働く、医師・看護師のために働く、未来の医療のために働く、地域のために働く、病院を支えるために働くというキーワードから授業を受講し、一人ひとりの個性に合わせた真の実践力を身につけます。必修科目の組み合わせで得意や好きから将来の仕事を選ぶことができます。

医療福祉秘書学科
のポイント

1

診療報酬請求事務能力認定試験+MOSマスター合格に強い!

大規模病院に就職を考えているなら必須資格であり、採用の決め手とも言われている、厚生労働省が後援する最高峰の資格「診療報酬請求事務能力認定試験」と「Microsoft Office Specialist Master(Word / Excel / PowerPoint / Access)」の合格を目指します。 2年次は目指す職種により必修科目を受講し検定を取得。全国トップクラスの合格率を誇るカリキュラムと検定指導は、経験豊富な講師陣だからこそできる“メリハリある授業”と“合格への方程式”から成り立っています。

2

医療事務のプロとして働くためのスキルを、
自分に合ったカリキュラムで学習できる!

日本病院会認定「診療情報管理士」取得を目指せる県内唯一の専門学校です。1年次は病院・クリニックを支える事務(医科)を学び医療事務資格の最高峰である診療報酬請求事務認定試験を取得。2年次は将来の職業像から目指す資格を受講することができます。本学科では、(一社)日本病院会の認定を受けた診療情報管理士育成プログラムを導入。医療福祉秘書専攻、ドクタークラーク専攻にて学習した後、診療情報管理士専攻にて+1年間(トータル3年間)学ぶことにより、受験に必要な単位を取得し、診療情報管理士合格を目指します。

主な就職先
(過去3年間の実績/一部抜粋)

診療情報管理士専攻

前橋赤十字病院/群馬大学医学部附属病院/群馬県済生会前橋病院/イムス太田中央総合病院/伊勢崎福島病院/桐生厚生総合病院/太田記念病院/真木病院/学校法人昭和大学/亀田総合病院/上尾中央病院/順天堂大学医学部附属病院/湘南鎌倉総合病院/行田総合病院 他多数

2年制

黒沢病院/赤羽中央総合病院/須藤病院/月夜野病院/やなぎさわファミリークリニック/青木クリニック/伊勢崎スポーツ整形外科医院/横田マタニティーホスピタル/まゆずみ眼科医院/小林眼科/尾島デンタルクリニック/いさはい歯科医院/㈱さかた調剤/神岡産婦人科医院 他多数

取得できる資格

  • 診療情報管理士認定試験
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医師事務作業補助者(ドクターズオフィスワークアシスト)
  • 医療事務管理士(医科・歯科)
  • 調剤事務管理士
  • 介護事務管理士
  • 労災事務管理士
  • DPC/PDPS初級技能認定試験
  • 日本医師会ORCA管理機構 日医IT認定試験
  • 医療秘書技能検定試験
  • Microsoft Office Specialist Master
    (Word / Excel / PowerPoint / Access)
  • 社会人常識マナー検定

資格取得実績

医療福祉秘書学科の学び

診療情報管理士専攻[2年+1年制 ]

大規模病院への就職に強い!医療の安全と質向上に貢献する診療情報管理士を目指す!

多くの患者さまの治療内容、実績はカルテや検査結果につまっています。その中で眠る治療成功例を同じ病気で苦しむ多くの患者さまのために活用できるよう、管理・分析していくことが日進月歩の医療技術を支え、人類の期待を背負うことになります。診療情報管理士は医療機関で最も大切な「診療情報」から今までにない価値を創り出し、より質の高い医療サービスを提供する仕事。診療情報のスペシャリストとして、今最も活躍が期待されています。

こんな人に最適!

  • 医療業界に興味がある
  • 大きい病院で働きたい
  • 医師とともに診療支援に携わりたい
  • パソコンスキルを向上したい

目指す職業

  • 診療情報管理士
  • 医師事務
  • 大規模病院スタッフ
  • 医療事務(病院・クリニック受付)
  • 医療クラーク(外来クラーク・病棟クラーク)

医療福祉秘書専攻[2年制 ]

「働き甲斐」は患者さまの日常に寄り添い、心の接点をもてること。

受付・会計にとどまらず診療補助や証明書作成など、医療事務の仕事は実に多岐にわたります。そのため本学科では、医療事務に必要な知識はもちろん、病院・医院の「顔」としてアットホームな雰囲気を作る心や表現力を養います。患者さまに寄り添い、「あなたがいてくれてよかった」の一言が「働き甲斐」になり、病院・クリニック・調剤薬局・歯科医院・介護施設など幅広く活躍できることが魅力の仕事です。

こんな人に最適!

  • 受付で患者さまと関わる仕事がしたい
  • 医療業界に憧れている
  • 人と接することが好き
  • 手に職、資格という意識が高い

目指す職業

  • 医療事務(病院・クリニック受付)
  • 調剤薬局受付
  • 歯科医院受付
  • 医師事務

ドクタークラーク専攻[2年制 ]

医師や看護師の負担軽減に欠かせない縁の下の力持ちになる!

「ドクタークラーク」とは、高い医療知識を持った「医師専属の秘書」。その業務は通院する患者さまの治療をサポートする「外来クラーク」と病棟で入院する患者さまに手続きを行う「病棟クラーク」、病院・クリニックの診察室では医師のカルテ代行入力などです。医師・診療スタッフ、そして患者さまをつなぐ高いコミュニケーション能力と幅広い医学知識、高いPCスキルが求められる診療に欠かせない存在です。

こんな人に最適!

  • 医療業界に興味がある
  • 医師とともに診療支援に携わりたい
  • 診療情報管理士を学びたいが2年で就職したい
  • 窓口業務より診療に携わる仕事がしたい

目指す職業

  • 医師事務
  • 医療秘書
  • 医療クラーク(外来クラーク・病棟クラーク)
  • 地域医療連携スタッフ

ピックアップ授業

診療情報管理士に求められるスキルを幅広く学習

分類法(コーディング)

病名や病気の種類ごとに決められている分類記号をしっかりと理解し、世界共通コード世界保健機関(WHO)の国際疾病分類(ICD-10)に変換する分類法(コーディング)を学びます。

臨床医学

カルテの内容を理解するために、傷病の原因や診断、治療方法、身体の機能やしくみについて現役ドクターから医療現場での生きた知識を学びます。

DPC

最も医療資源を投入した傷病名について1日の診療費をまとめて算定するための診断群分類別による基本的算定方法について理解し、出来高とDPCの差を比べる実践的な学習。

診療情報学

診療記録に含まれる医療の質に関わる情報、傷病名等、必要な医療情報を活用し、医療現場においての診療情報の適正な管理について学びます。

診療情報を収集・整理

活用することのメリット

患者様

わかりやすい説明

より良い医療の提供

医療機関

患者動向の把握

効率的な医療

国民(国)

医療費削減

税金を節約

医師

医学生の教育

治療成績の把握

医学研究

臨床研究の発展

医療水準の向上

霞堂 德子先生

[担当科目]

  • 診療情報管理
  • 国際疾病概論
  • 国際疾病分類法

東海大学医学部附属病院 中央病歴室勤務を経て、教員歴22年。優しい笑顔と丁寧な授業は学生からも大人気。第29回日本診療情報管理学会で「専門学校カリキュラムにおける診療情報管理について」を発表。趣味は読書と音楽鑑賞。お勧めは「阪急電車」。(今、一番のブームは「米津玄師」の一連作品とのこと。)

Message

授業では診療情報管理士認定試験に合格することはもちろん、病院での実務に即した内容も含め学んでいきます。質問しやすい環境をつくることで、わからないままで終わることがないよう、全員が達成感を得られる授業を目指しています。DPCやがん登録、医療安全、地域連携、そして分類(病名に世界共通の番号をつける)など、診療情報管理士の仕事は多岐にわたりますが、みなさんが少しでも早く現場の力となれるよう、診療情報管理士としての仕事を理解し、医療現場の一員として活躍できるよう授業を進めていきます。診療情報管理士合格はゴールではなく、診療情報管理士としてのスタートに立つことです。みなさん、スタートに向かって一緒に学んでいきましょう!