学びながら働く、働きながら学ぶ

Information

2018年05月02日 お知らせ
ウェブサイトリニューアル!

中央医療歯科の特徴

学びながら働く、働きながら学ぶ

歯科医院で、実際に歯科助手として働いている方が「歯科衛生士」としてスキルアップするために、学びに来ています。

午後の時間をアルバイトにあてることができるので、たとえば歯科医院でアルバイトをしながら実践的な技術も身について、一石二鳥です。

歯科衛生士の魅力

歯科医師と共に口の中の健康を支える口腔内のプロフェッショナル

歯科衛生士は「歯科衛生士法」に基づいた国家資格であり、歯科診療補助・歯科予防処置・歯科保健指導の業務を行うことができます。歯科助手は、特別な資格もないため、アシスタントとしてのみ働けますが、歯科衛生士は医療専門職として業務、地位が保障されています。細やかな心遣いやソフトな対応が求められ、女性の従事者が多く、結婚・出産後でも再就職しやすく、収入も安定しています。

歯医者さんと言えば「歯科医師の先生に診てもらう」というイメージを持つ方が多いかもしれませんが、実は予防歯科に限って言えば、そのメインは「歯科衛生士」なんです。歯科衛生士は専門的な知識・技術を身に付けた予防のプロフェッショナルです。

カリキュラム

中央医療歯科で学ぶ3年間

まずは基礎学習

医療人の基本となる基礎を徹底的に習得します。座学を中心に歯科衛生士としての教養科目と専門科目の基礎となる科目を学びます。からだの構造や機能、病気やそれからの回復、社会との関わりなど、基礎的な実技も身につけます。

臨床実習スタート

実践的な授業と実習で、技術を習得します。臨床科目が主体です。後期に始まる臨床実習を見据えてのスケーリングや保健指導に学生の熱が入ります。前期も終わりになると、総仕上げをして、いよいよ校外での臨床実習が開始します。

国家試験に向けて

技術的な訓練だけでなく、心遣いまで身につけます。診療所での臨床実習だけでなく、幼稚園や学校、施設などでの臨地実習で大忙しです。現場では知識や技術だけでなく、協調性や患者さん・周囲の方への配慮の大切さも学びます。

インスタグラム