合格・就職実績

データPick UP.群馬法科。

群馬法科の卒業生は、各種公務員として全国各地、様々な部門で働いています。その中でも、群馬県内においては、県内全11消防本部、警察署、そして群馬県全域にわたり県職員として、さらには市役所・町村役場でも地域安全や住民の生活を支えており、たくさんの卒業生が公務員として活躍しております。

過去3年にみる、群馬法科生の最終合格先。

  • 2019年度
    ●県市町村職員:群馬県職Ⅱ類(学校事務)、群馬県職Ⅱ類(警察事務)、群馬県職Ⅲ類(行政事務)、群馬県職Ⅲ類(学校事務)、群馬県職Ⅲ類(警察事務)、群馬県職(選考考査枠)、東京都職2類(司書)、千葉県職(一般行政)、長野県職(小中学校事務職員)、前橋市役所(事務Ⅱ)、伊勢崎市役所(事務Ⅱ)、みどり市役所、桐生市役所(初級行政)、太田市役所、藤岡市役所(Ⅰ・Ⅱ)、東吾妻町役場、昭和村役場、相模原市役所、鴻巣市役所、秩父市役所、葛飾区役所(東京特別区Ⅲ類)、板橋区役所(東京特別区Ⅲ類)、大田区役所(東京特別区Ⅲ類)、御代田町役場、渋川地区広域市町村圏振興整備組合事務、伊勢崎市公共施設管理公社、渋川市公共施設管理公社 ほか
    ●国家公務員:国家一般職(国土交通省)、国家一般職(防衛省)、国家一般職(前橋地方検察庁)、国家一般職(前橋地方法務局)、国家一般職(群馬労働局)、国家一般職(宇都宮地方検察庁)、国家一般職(東京出入国在留管理局)、国家税務職(関東信越国税局)、国家税務職(東京国税局)、刑務官A、刑務官B、陸上自衛官一般曹候補生(男性・女性)、海上自衛官一般曹候補生(男性・女性)、航空自衛官一般曹候補生、陸上自衛官候補生(男性・女性)、海上自衛官候補生 ほか
    ●警察官:群馬県警B(男性・女性)、埼玉県警Ⅲ類(男性・女性)、警視庁Ⅲ類、長野県警B、福島県警B ほか
    ●消防士:前橋市消防局Ⅱ(男性・女性)、高崎市等広域消防局、伊勢崎市消防本部、渋川広域消防本部、多野藤岡広域消防本部、吾妻広域消防本部、さいたま市消防局、児玉郡市広域市町村圏組合消防本部、東京消防庁Ⅱ類 ほか
  • 2018年度
    ●県市町村職員:群馬県職Ⅱ類(学校事務)、群馬県職Ⅲ類(行政事務)、群馬県職Ⅲ類(学校事務)、群馬県職Ⅲ類(警察事務)、千葉県職(一般行政)、前橋市役所(事務Ⅱ)、伊勢崎市役所(事務Ⅱ)、桐生市役所(上級行政)、桐生市役所(初級行政)、富岡市役所(短大卒)、中之条町役場、軽井沢町役場(一般事務A)、東京特別区Ⅲ類、上野村産業情報センター ほか
    ●国家公務員:国家一般職(前橋地方検察庁)、国家一般職(前橋地方法務局)、国家一般職(群馬労働局)、国家一般職(東京入国管理局)、国家税務職(関東信越国税局)、刑務官A、陸上自衛官一般曹候補生(男性・女性)、海上自衛官一般曹候補生、航空自衛官一般曹候補生、陸上自衛官候補生(男性・女性)、海上自衛官候補生、航空自衛官候補生 ほか
    ●警察官:群馬県警A、群馬県警B(男性・女性)、警視庁Ⅲ類 ほか
    ●消防士:高崎市等広域消防局、桐生市消防本部、太田市消防本部(大卒)、渋川広域消防本部、吾妻広域消防本部、利根沼田広域消防本部、足利市消防本部、比企広域消防本部、越谷市消防本部、東京消防庁Ⅱ類、東京消防庁Ⅲ類ほか
  • 2017年度
    ●県市町村職員:群馬県職Ⅱ類(学校事務)、群馬県職Ⅱ類(警察事務)、群馬県職Ⅲ類(行政事務)、群馬県職Ⅲ類(学校事務)、群馬県職Ⅲ類(警察事務)、千葉県職(一般行政)、警視庁事務、桐生市役所(上級行政)、桐生市役所(初級行政)、みどり市役所、東吾妻町役場、下仁田町役場、川崎市役所、松戸市役所(上級)、東京特別区Ⅲ類 ほか
    ●国家公務員:国税専門官(関東信越国税局)、国家一般職(外務省)、国家一般職(入国管理局)、国家一般職(前橋地方検察庁)、国家一般職(群馬労働局)、国家一般職(前橋地方法務局 )、国家一般職技術(衆議院事務局)、国家一般職技術(防衛省)、国家一般職技術(関東運輸局)、国家税務職(関東信越国税局)、海上保安庁(海上保安学校)、刑務官A、陸上自衛官一般曹候補生、海上自衛官一般曹候補生、航空自衛官一般曹候補生、陸上自衛官候補生、海上自衛官候補生、航空自衛官候補生 ほか
    ●警察官:群馬県警A、群馬県警B(男性・女性)、埼玉県警Ⅰ類、埼玉県警Ⅲ類、栃木県警、警視庁Ⅲ類(女性) ほか
    ●消防士:前橋市消防局(消防Ⅰ)、前橋市消防局(消防Ⅱ)、高崎市等広域消防局、伊勢崎市消防本部、桐生市消防本部、渋川広域消防本部、利根沼田広域消防本部、館林地区消防組合消防本部、東京消防庁Ⅱ類、東京消防庁Ⅲ類、埼玉東部消防組合消防局(大卒)、藤沢市消防局、栃木県内消防、長野県内消防 ほか
SPECIAL RESCUE GUNMA SHIBUKAWA FIRE DEPT.

渋川広域消防本部勤務

interviewee01

岩﨑 直矢さんのプロフィール

渋川広域消防本部 特別救助隊勤務/群馬法科ビジネス専門学校 行政ビジネス学科 警察官・消防士コース2009年3月卒/2009年消防署西分署勤務後2011年本署に配属、警防課を経て特別救助隊へ。2016年には消防学校にて新人隊員たちへの指導を行う。現在本署特別救助隊にて活動中。関東地区消防救助技術指導会に県代表として最年少で選ばれるなど、輝かしい経歴を持つ。技術・精神面の成熟は鍛錬の賜物といい、10年以上経った今でもトレーニングは欠かさない。プライベートでは昨年男児が誕生し、マイホームを新築した。愛犬のゴールデンレトリバー、「サンディ」と散歩が日課。『お風呂は15分以内』という消防士ならでは?のマイルールがある。

消防は~最後の砦であり、最初の砦~期待と信頼に全力で応える。

消防士を目指した理由。

祖母を建物火災で亡くし、大切な人、物や思い出などすべてを奪う火災の恐ろしさを身をもって体験しました。私は被災した家族が写真1枚でも残っていて欲しいと藁をもすがる思いで祈っている気持ちが痛いほどわかります。そんな家族や死傷者がひとりでも減るよう、消防隊員として人のためになりたいと思い消防士を目指しました。今でも火災対応は私にとって最大の任務であり最大の敵(ライバル)として捉えています。地域住民の皆さまにとって消防は「最後の砦であり、最初の砦」、これを常に肝に据え、住民の期待と信頼を絶対に裏切ることがないよう強い心構えで臨んでいます。

この仕事の魅力・やりがい。

消防の仕事は火災・救急・救助を中心とした災害対応であり、昨今では土砂災害・風水害・地震等による自然災害が猛威を振るっています。また、近年の国際情勢を鑑みて、武力攻撃災害への対処、テロ対策による緊急時の事態対処など任務は複雑多様化しています。このような任務に臨むため、厳しい訓練やたくさんの知識を共有することで、仲間と強く深い絆が生まれます。その仲間たちとチームとして業務達成したときの一体感や達成感はかけがえのないものです。また、地域と密着する仕事であるからこそ、たくさんの住民の方々からの思いやりや叱咤激励の言葉を直に聞くことができ、精進する中で多くの信頼を頂けていると肌で感じられることが一番のやりがいであると感じています。

今後の目標と後輩へのアドバイス。

消防士となり10年が経ち、これからチームの中で中心になる立場で部下を持つようになります。部下のみならずですが、人命はかけがえのないものです。それぞれに大切な家族や友人がおり、絶対に失ってはいけvません。当部隊の合言葉で「EVERYONE GOES HOME」があります。全員が家に帰り「ただいま」と言えることを最大の目標に、日々の厳しい訓練や密なミーティングを怠ることなく実行し続けていきます。消防士を選んだ時点で、すでに任務は始まっています。「やる気・元気・勇気」を強く描き、大切な何かを全力で守ってください。最後の砦の仲間として一緒に働ける時を待っています。

ここからが本番〜遂に、憧れの消防士へ〜

渋川広域消防本部最終合格

interviewee01

吉田 修平さんのプロフィール

群馬法科ビジネス専門学校 行政ビジネス学科 警察官・消防士コース/2020年3月卒。渋川広域消防本部に今年4月より勤務/中学・高校と陸上部に所属し、400mやリレーの選手として活躍。中学時代は100m×4リレーで県2位という記録を持つ。高校でも部長として部員をまとめてきた。中学時代の陸上部の練習はかなりハードだったそうで、地獄のトレーニングを乗り越えた経験が自分の根性の原点だと語る。趣味は筋トレ、陸上部で下半身を鍛えたため現在は上半身強化に力を入れている。手先が器用でイラストや裁縫も得意。家の家事も率先して手伝う孝行息子な一面も。4月からの仕事に向け、週2回のジムと自宅での自重を使った筋トレやランニングをほぼ毎日行っている。

消防士を目指したきっかけ。

高校2年の時に、小さい頃から家族ぐるみでお世話になっている友人の父親が倒れ、救急車で搬送されたと連絡をもらいました。くも膜下出血だったそうなのですが、救急隊の方に早急に対応して頂いたことにより一命を食い止めることができました。この一件が人の命を救うことができる消防という仕事に憧れ、目指すようになったきっかけです。また、友人の父は後遺症が残ってしまったので、救命のスピードを上げたいという気持ちもずっと持ち続けていました。そこで、いかに最短で火災、救急、救助活動を行うかを常に考える『渋消式』を実践している渋川消防を希望しました。

クラスの仲間と共に。

警察・消防クラスということもあり、クラスの仲間は明るくて元気がいいです。でも、ただ明るいだけではなくて、勉強する時は勉強するという感じでメリハリがありました。特に自分のクラスは2年制でしたが「1年目で受かってやる!」というモチベーションの高い友人が多く、「自分も頑張らないと」という気持ちになりました。自分が1年目で合格できたのも、友人たちと切磋琢磨したおかげだと思います。勉強を教えあったり、点数を競い合ったりしながら、お互い目標に向かって高め合っていける最高の環境でした。

目標に向かって。

高校3年生の時に受験しましたが、残念ながら不合格に。自分では結構勉強していたつもりだったので、かなりショックを受けました。もっと勉強しなくてはとセミナーやオープンキャンパスでお世話になった群馬法科に入学。公務員試験専門のベテランの先生が揃っているので、授業はとても解りやすくて、かなり学力が上がりました。渋川消防はSPIという試験なのですが、先生がおすすめの参考書を教えてくれたり、適切なアドバイスをしてくれたのがとても心強かったです。授業だけでなく、面接や作文指導まで熱心に面倒をみてもらって本当に感謝しています。

消防士として活躍するために。

憧れだった渋川消防で働く一員として、どれだけトレーニングや勉強に励んでもやりたりないというくらいの努力が必要だと思います。現在は、日々の筋力や持久力のトレーニングはもちろんですが、自分の目標である救急救命士の資格取得のために、人体の仕組みについての本などを読んで独自で勉強しています。自分で自分の仕事を誇れるよう、責任を持って仕事に取り組みたい。1人でも多くの命を救えるような、頼りがいのある消防士を目指して日々精進していきたいと思います。

合格者の声

  • 3 Step Interview
    わかるまで絶対に諦めない!付き合ってくれた先生に感謝。
    得点UPの秘訣は? 判断推理や数的推理といった公務員試験特有の科目は高校では全くやっていないので、始めのうちは意味もわからず苦労しました。授業でわかりやすく教えてくれるので、とにかく集中して取り組むように心掛け、わからない問題は放課後に先生に聞きに行き、遅くまで残って勉強しました。先生方はとても親身になってわかるまでいつでも付き合ってくれるので、自分も安心して伸びていくことができました。
    模擬試験:教養科目得点推移 45点満点
    STEP.1
    入学前
    高校時代のバスケ部マネージャー経験から、人の役に立つ喜びに目覚め、公務員を志望。仕事で役立つ資格も取得できると知り、群馬法科の2年制に入学を決める。
    STEP.2
    在学中
    高校で習わない科目に四苦八苦しつつも、授業に集中し、放課後にわからない問題を聞きに行くなど、疑問を次に持ち越さない工夫をした。1年次でコツコツ積み上げた基礎学力が2年になって実力となって現れてきた。
    STEP.3
    夢を実現
    勉強道具を自分の好きなもので揃えてモチベーションUP!プリントなどの資料をスマホで撮影し、登下校の隙間時間も無駄にせずに知識を増やしていった。パソコンやビジネス能力検定など数多くの資格にも挑戦し見事取得。大田区役所では取得した資格も活用したい。
  • 3 Step Interview
    やればやっただけ得点アップ!集中を切らさずゴールに一直線。
    得点UPの秘訣は? 政経や地理、地学など、覚えていれば得点できる知識系の科目に力を入れました。高校ではやっていなかった科目なので、覚えれば覚えるだけ得点に繋がり、勉強のモチベーションを落とさずできました。群馬法科のプリントは出題頻度が高く、大事な部分のポイントがわかりやすくまとめられているので、効率良く勉強できました。同じ目標の友人たちと共に、良い環境で着実に得点アップしました。
    模擬試験:教養科目得点推移 45点満点
    STEP.1
    入学前
    父の影響から消防士を目指し群馬法科に入学。短期で決着をつけたいと1年制にした。在学中、公務員を学ぶ中で税務の仕事に魅力を感じ、国税局を目指そうと方向転換。
    STEP.2
    在学中
    政経や地理、地学などの今までやっていなかった知識系の科目に力を入れる。ゼロからの知識の積み上げだったので、覚えれば覚えるほど伸びてやりがいになった。クラスの友人に教えることで、自分の知識も定着。
    STEP.3
    夢を実現
    夏休み中は今までやった模試をすべてやり直したことで、解けなかった問題の取りこぼしを無くした。また、今までの勉強の成果も実感できた。先生に要点を絞ったプリントをたくさん貰い復習したことが実力に繋がった。今後は税務に必要な簿記の勉強も頑張りたい。
  • Interview.01
    とことん面倒を見てくれた先生方に感謝。
    学校事務を目指したきっかけは? 公務員である父の働く姿をみて、子どもながらに憧れていました。高校の時に担任に勧められ群馬法科のオープンキャンパスに参加し、更に公務員になりたいと感じました。警察事務を目指したのは父の助言から。自分の性格を良く知っている父が勧めてくれるなら間違い無いと思い決めました。
  • Interview.02
    自分を追い込み、最短で夢を実現。
    公務員を目指したきっかけは? 高校でソフトボール部のマネージャーをしたことが大きいです。自分が付けたスコアが大事な試合で役に立つなど、直接プレーしていなくても裏方として支えることの大切さと楽しさを学びました。大学という選択肢もありましたが、やりたいことが決まっているなら大学進学の必要は無いと思い、高校から公務員を目指すようになりました。
  • Interview.03
    短期集中で念願かなう!
    公務員を目指したきっかけは? 高校時代は部活に夢中となり、いざ進路となった時に何がしたいのか迷いました。顧問の先生に相談したら、キャプテンだった私は公務員に向いていると勧めてくれ、最初はあまりピンと来ませんでしたが、改めて考えると、人のために頑張るのが好きなことに気付き、自分に向いてるのではないかと思うようになりました。
  • Interview.04
    群馬法科の1年間は今後の財産。
    公務員を目指したきっかけは? もともと人のために動くのが好きでした。小さい子どもの面倒をみるのも好きで、高校時代からこども食堂のボランティアに参加しています。その経験から県や市など公的な立場になってボランティアを主催したり支える仕事に就きたいと考えるようになり、公務員を目指そうと思いました。
  • Interview.05
    目標に向かって前後際断。
    公務員を目指したきっかけは? 幼い頃、母親がやっていたソフトテニスの練習について行き、伊勢崎市役所チームに所属する方々や地元の方たちにお世話になったことが最初のきっかけです。高校で地元を離れた時も、変わらず自分のことを気に掛けてくださった皆さんに、少しでも恩返しがしたいという気持ちから、市役所で市民のために働きたいと思いました。
  • Interview.06
    じっくり学んで着実に得点アップ。
    警察官を目指したきっかけは? 小さい頃病弱で、心配した母がレスリングを習わせてくれました。そのおかげで身体が丈夫になり力もついたので、将来は身体を張って、弱い立場の人を守れる職業に就きたいと考えるようになりました。警察官を意識したのは、尊敬する高校時代の先輩が警察官になったため。調べるうちに、自分もなりたいと強く思いました。
  • Interview.07
    最後まで支えてくれた担任に感謝。
    消防士を目指したきっかけは? 尊敬する消防士だった父の影響です。元々興味がありましたが、本気でなろうと心に決めたのは中2の時、父が仕事中に署内で倒れたのがきっかけです。その時の隊員の方々の迅速な対応で、一命を取り留め大変感謝しています。父は消防士を続けられませんでしたが、今度は娘の私が消防士になり、多くの人の命を守りたいと思いました。
  • Interview.08
    自分を律して駆け抜けた1年間。
    消防士を目指したきっかけは? 消防士の兄を持つ友人に仕事の話を聞き、消防士に憧れを持ったのが最初のきっかけです。また、高2の冬に従兄弟が飲食店の火災で亡くなり、火災で突然身内を亡くすショックと悲しみを知りました。その頃から、火災で命を落とす人を少しでも減らしたい、人の命を救うことができる消防士になりたいと強く思うようになりました。
  • Interview.09
    地道な積み重ねが最短合格を呼ぶ。
    消防士を目指したきっかけは? 父が消防団で、幼い頃に消防車に乗せてもらったり、救助に駆けつける姿を見ていました。消防の仕事は自分の身近にあり、憧れていたので、高校の進路選択の時に消防士を希望しました。大学卒業してから目指すという選択肢もありましたが、どうせなるなら早くて確実な方が良いだろうと、専門学校に入学することを決めました。

FAQ良くある質問

  • QUESTION.01
    群馬法科の学生生活はどうでしたか?
    卒年次の学生を対象としたアンケートで満足しているという回答が約9割でした。日々の勉強やイベント等で苦楽を共にして団結力が育まれ、苦労より楽しさが勝る学生生活を送っていると言えます。特に放課後になると校内各所で学生のリクエストによるミニ講座や、学生同士で教え合う光景が見られ、同じ夢を持った仲間と切磋琢磨しながら共に過ごす時間はかけがえのないものとなっています。
  • QUESTION.02
    群馬法科に入学する前の経歴は?
    本校には、様々な年齢や経歴の学生が在籍しています。例え入学までの経緯が違っても、公務員を目指す仲間として切磋琢磨し勉学に励んでいます。合格できた理由として「クラスの仲間」を挙げる学生も多く、友達が合格すると自分の事のように喜ぶ光景がよくみられます。そこには苦楽をともにしながら学生生活を送ることで、お互いを支え合える仲間としての絆が芽生えています。
  • QUESTION.03
    群馬法科を選んだ理由は?
    「先生と学生の距離感が近く、強い信頼関係を感じられる」「安心して楽しく勉強できそう」など、オープンキャンパスから実際に肌で感じる学校の雰囲気を決め手とした回答が多く得られました。さらに、先輩や先生の勧めで入学を決めた回答が高い割合を占めるのも本校の特徴といえます。担任制で面倒見が良い所など、合格実績に裏付けされる公務員試験指導の質が高く評価されています。
  • QUESTION.04
    高校時代の学科は?
    高校が普通科でなかった人は、習ったことのない科目の授業についていけるか不安に思う方も多いようです。しかし、本校では普通科以外の入学者が過半数を占めており、授業も基礎から段階を踏み丁寧に教えています。多くの学生から「苦痛に感じていた勉強が楽しくなった」という声が聞かれます。その結果、毎年多くの学生が公務員合格を果たしています。
  • QUESTION.05
    群馬法科で伸びた科目は?
    物理や化学などの理科系科目が得意になった学生が多いことは、本校の特徴と言えます。1点で大きく順位が変わる公務員試験において、理科は合格ラインを突破する決め手となる科目です。本校では苦手科目が得点源になるケースも珍しくありません。また、出題数の多い判断推理や数的推理などは合否を左右する科目となるため、本校では多くの時間をその対策にあてています。
  • QUESTION.06
    群馬法科で良かったと思う所は?
    この質問に対しては、教員の面倒見の良さに関する回答が圧倒的な割合を占めました。「わからない問題ができるようになるまで面倒を見てもらった」「納得いくまでとことん面接練習に付き合ってくれ、そのおかげで合格できた」というように、授業や面接指導、精神面のサポートなど事柄は様々ですが、教員と学生が強い信頼関係で結ばれていることがうかがえる結果でした。