医療福祉秘書学科

DEPARTMENT OF MEDICAL CARE NURTURE

(一社)日本病院会認定 診療情報管理士教育指定校

文部科学大臣認定 職業実践専門課程

医療福祉秘書専攻[2年制]

診療情報管理士専攻[2年+1年制]

人生のあらゆる場面で人々の生活と関わる医療機関。
患者さまや医師、地域のために幅広く活躍できる医療機関を支える事務を目指します。

医療福祉秘書学科の学び

学びの領域医療機関(病院・医師・看護師)を支える事務

  • 医療事務
  • 診療情報管理士
  • 病院サポートスタッフ
  • 地域医療連携スタッフ
  • メディカルアシスタント
一人ひとりの個性に合わせた実践力が身に付く!
患者さまのために働く、医師・看護師のために働く、未来の医療のために働く、地域のために働く、病院を支えるために働くというキーワードから受講する授業を決め、一人ひとりの個性に合わせた真の実践力を身に付けます。必修選択科目の組み合わせで得意や好きから将来の仕事を選ぶことができます。
こんな人に向いています
医療の仕事で人を幸せにしたいという優しい気持ちと笑顔を併せもち、より良い医療機関づくりに貢献したい人。責任感や柔軟性、気配りができることも大切な要素。

医療福祉秘書学科
3つのポイント

1 大規模病院でニーズ急上昇!日本病院会認定 診療情報管理士取得を目指せる県内唯一の専門学校
本学科では(一社)日本病院会の認定を受けた診療情報管理士育成プログラムを導入。医療福祉秘書専攻2年制で学習した後、診療情報管理士専攻で+1年間(トータル3年間)学ぶことにより、受験に必要な単位を取得し、診療情報管理士合格を目指します。また、診療情報管理士専攻に進むかどうかは、2年次、進級時に選択することができます。
2 医療事務検定の最高峰 診療報酬請求事務能力認定試験に強い!
大規模病院に就職を考えているなら必須資格であり、採用の決め手とも言われている、厚生労働省が後援する最高峰の資格 診療報酬請求事務能力認定試験合格者を過去6年間で170名以上輩出しています。2年次は目指す職種により選択する科目や検定試験を自分自身で決定可能。全国トップクラスの合格率を誇るカリキュラムと検定指導は、経験豊富な講師陣だからこそできる“メリハリある授業”と“合格への方程式”から成り立っています。
3 在学中2回の病院実習を経験し、大規模病院へ就職
創立77年、活躍している多くの卒業生を通して、県内外の医療機関との確かな信頼と強力なパイプがあります。豊富な求人に加え、在学中に2回の病院実習を経験することにより、即戦力となる人材として就職が可能です。
診療情報管理士専攻卒業生の大規模病院への就職率は驚異の91%(過去3年間)。診療情報管理士育成プログラムで学習する知識は必ず評価されます。

CLOSE UP! 診療情報管理士専攻
[2年+1年制]
大規模病院への就職に強い! 医療の安全と質向上に貢献する診療情報管理士を目指す!

多くの患者さまの治療内容、実績はカルテや検査結果につまっています。その中で眠る治療成功例を同じ病気で苦しむ多くの患者さまのために活用できるよう、管理・分析していくことが日進月歩の医療技術を支え、人類の期待を背負うことになります。診療情報管理士は医療機関で最も大切な「診療情報」から今までにない価値を創り出し、より質の高い医療サービスを提供する仕事。診療情報のスペシャリストとして、今最も活躍が期待されています。

CURRICULUM 診療情報管理士に求められるスキルを幅広く学習

分類法(コーディング)
病名や病気の種類ごとに決められている分類記号をしっかりと理解し、世界共通コード世界保健機関(WHO)の国際疾病分類(ICD-10)に変換する分類法(コーディング)を学びます。
臨床医学
カルテの内容を理解するために、傷病の原因や診断、治療方法、身体の機能やしくみについて現役ドクターから医療現場での生きた知識を学びます。
DPC
最も医療資源を投入した傷病名について1日の診療費をまとめて算定するための診断群分類別による基本的算定方法について理解し、出来高とDPCの差を比べる実践的な学習。
診療情報学
医療現場においての診療情報の適正な管理について学びます。
診療情報を収集・整理・活用することのメリット 診療情報を収集・整理・活用することのメリット

Message

授業では診療情報管理士認定試験に合格することはもちろん、病院での実務に即した内容も含め学んでいきます。質問しやすい環境をつくることで、わからないままで終わることがないよう、全員が達成感を得られる授業を目指しています。DPCやがん登録、医療安全、地域連携、そして分類(病名に世界共通の番号をつける)など、診療情報管理士の仕事は多岐にわたりますが、みなさんが少しでも早く現場の力となれるよう、診療情報管理士としての仕事を理解し、医療現場の一員として活躍できるよう授業を進めていきます。診療情報管理士合格はゴールではなく、診療情報管理士としてのスタートに立つことです。みなさん、スタートに向かって一緒に学んでいきましょう!

主な就職先(過去3年間の実績/一部抜粋)

診療情報管理士専攻

診療情報管理士専攻の主な就職先グラフ

群馬大学医学部附属病院/前橋赤十字病院/佐藤病院/黒沢病院/イムス太田中央総合病院/利根中央総合病院/沼田脳神経外科循環器科病院/西吾妻福祉病院/上尾中央総合病院/わかば病院/上武呼吸器科内科病院/須藤病院/くすの木病院/篠塚病院/他多数

医療福祉秘書

医療福祉秘書の主な就職先グラフ

石井病院/角田病院/桐生整形外科病院/小林眼科/神岡産婦人科医院/フォレスト整形外科/尾島デンタルクリニック/羽鳥こども医院/みよの台薬局グループ/真下クリニック/やなぎさわファミリークリニック/なぐも内科医院/植原整形外科医院/さかた調剤/他多数