MAEBASHI GUNMA LAW COLLEGE

警察官・消防士コース

警察官、消防士など公安系公務員を目指す。

憧れの警察官、消防士を目指して。夢を夢で終わらせない。

1年制

知識と体力を育み短期で合格を目指す。

1年制専門学校卒業生として給与にも反映

1年制コースのPoint

短期合格を実現する。過去データから出題傾向を押さえ効率的に学べる。
毎日の確認テスト、補習授業により集中的に実力養成。
専門のトレーナーによる体育実習。トレーニングメニューも作成可能。

〈警察官・消防士コース 1年制コースの特徴〉

  • 1.短期集中型

    ★★★

  • 2.公務員試験の再挑戦

    ★★★

  • 3.基礎からじっくり学ぶ

    ★★

  • 4.職場見学で職業理解

  • 5.ボランティア・アルバイト・課外活動で社会体験

  • 6.学校行事の数

2年制

知識・体力ともに万全の準備で試験に備える。

職業実践専門課程対象コース

2年制コースのPoint

不得意科目は基礎からやり直せる。着実に実力をつけ合格圏へ。
体育実習で基礎体力の向上を目指す。専門のトレーナーによる指導。
研修・実習から仕事の理解を深め、警察官・消防士としての使命感、志を養い合格を目指す。

〈警察官・消防士コース 2年制コースの特徴〉

  • 1.短期集中型

  • 2.公務員試験の再挑戦

    ★★

  • 3.基礎からじっくり学ぶ

    ★★★

  • 4.職場見学で職業理解

    ★★★

  • 5.ボランティア・アルバイト・課外活動で社会体験

    ★★★

  • 6.学校行事の数

    ★★★

目指す公務員

主な就職先の一覧をご紹介します。

  • 公安系職
    ・警察官 ・皇宮護衛官 ・衆議院衛視
    ・消防士 ・入国警備官 ・参議院衛視
    ・刑務官 ・海上保安官 ・自衛官 ほか

警察官・消防士など公安系職種で
行われる主な試験内容

  • 教養試験択一形式で中学・高校の学習内容が問われる一般知識分野と、公務員試験特有の科目が中心の一般知能分野から構成される。
  • 作文試験(論文)公安職で働くための心構えが問われる。文章による表現力だけでなく、公安職に就きたいという熱意を表現する事が求められる。
  • 面接試験仕事をするために必要な適性を有するか等について人物を見る口述試験。近年、「人物重視」の方針から重要性が高まっている。
  • 体力試験仕事をするために必要な体力を持ち合わせているかが問われる試験。主に筋力、持久力、瞬発力などを測る種目が行われる。
  • 適性試験主にクレペリン検査やY-G性格検査などが行われる。これらの検査の特性を把握したうえで試験に臨む必要がある。

1年制

MAEBASHI GUNMA LAW COLLEGE
知識と体力を育み短期で合格を目指す。
4月から10月過ぎまでに筆記•面接試験の対策を総合的に行います。9月までは、教養試験対策として基本的な事項を確認しながら、頻出問題を中心に演習を繰り返すことによって、短期間で合格に必要な力を養成していきます。また、体力試験の対策は、授業の体育実習に加え専門のトレーナーから個々にトレーニングメニューを作成してもらうこともできるため、自主トレも充実します。9月に集中する1次試験終了後は面接試験対策が行なわれます。
1年制時間割例 1年次 前期分
mon tue wed thu fri
1 9:20-10:20 模擬試験 生 物 政 治 世 界 史 政 治
2 10:30-11:30 模擬試験 経 済 地 理 世 界 史 倫理社会
3 11:40-12:40 模擬試験 地 理 判断推理 地 学 経 済
4 13:30-14:30 資料解釈 物 理 日 本 史 判断推理 体育実習
5 14:40-15:40 文章理解 化 学 日 本 史 公務員リテラシー 体育実習
6 15:50-16:50 数的推理 数 学 判断推理 数 学 数的推理
  放課後 適性試験
確認テスト
適性試験
確認テスト
適性試験
確認テスト
適性試験
確認テスト
適性試験
確認テスト
*この時間割は一例です。
1年制・2年制共通カリキュラム
  • 公務員試験
    対策科目
    一般知識 人文科学/社会科学/自然科学
    一般知能 文章理解/判断推理/数的推理/資料解釈
    演習・実習 適性試験/模擬試験/時事・作文/面接対策
  • ビジネス
    科目
    資格・検定 計算実務/簿記/ビジネス実務/ペン字
    実 習 Word実習/Excel実習
先輩の声
高校での受験失敗をバネに短期間で真っ向勝負!
高3の時に夏期セミナーにも参加しました。それで学力は向上しましたが3次の面接試験で失敗し不合格となってしまいました。悔しく思い、群馬法科で改めて1年制で短期合格をめざすことにしました。毎週の模試、毎日の確認テストで、確実に自分の学力が把握できました。その中でも政治経済の授業は、わかりやすく説明してもらえたので、曖昧な点もなくなり、ニュースもよく理解できるようになりました。自分としてもできなかった問題については徹底してできるように心がけました。先生からは不安に感じている時も的確なアドバイスがもらえとても有難かったです。体育の授業は結構きつかったですがいろいろなトレニーングの方法が身につきました。また、面接強化週間ではいろいろな先生からアドバイスをもらえ本番試験に役立てました。クラスは明るく様々な年齢の人がおり、学園祭では年上の人が仕切ってくれてやりやすかったです。同じ目標に向かう仲間に囲まれ、充実した学生生活送ることができました。

2年制

MAEBASHI GUNMA LAW COLLEGE
知識・体力ともに万全の準備で試験に備える。
警察官や消防士といった公安系の試験では、筆記試験だけではなく、面接や体力試験にも大きな比重が置かれています。2年制コースでは、1年目に中学•高校の学習内容の確認と重要科目(判断推理•数的推理)における基礎力の完成を目指します。同時に、公安系の公務員に求められる技能や資質についても実習や研修を通し、しっかりと身につけていきます。2年目には試験対策を徹底。1年目に学習した知識をベースに、問題演習を通して試験での得点力を確かなものとします。
2年制時間割例 1年次 前期分
  mon tue wed thu fri
1 9:20-10:20 自然科学 自然科学 基礎数学 基礎数学 基礎数学
2 10:30-11:30 公務員リテラシー 判断推理基礎 文章理解基礎 コンピュータ実習 体育実習
3 11:40-12:40 ビジネス実務 判断推理基礎 文章理解基礎 コンピュータ実習 体育実習
4 13:30-14:30 判断推理基礎 コンピュータ実習 ビジネス実務 社会科学 人文科学
5 14:40-15:40 判断推理基礎 コンピュータ実習 ビジネス実務 社会科学 人文科学
  放課後
*この時間割は一例です。
2年制時間割例 2年次 前期分
mon tue wed thu fri
1 9:20-10:20 模擬試験 世 界 史 政 治 生 物 政 治
2 10:30-11:30 模擬試験 世 界 史 地 理 経 済 倫理社会
3 11:40-12:40 模擬試験 地 学 判断推理 地 理 経 済
4 13:30-14:30 資料解釈 判断推理 日 本 史 物 理 体育実習
5 14:40-15:40 文章理解 公務員リテラシー 日 本 史 化 学 体育実習
6 15:50-16:50 数的推理 数 学 判断推理 数 学 数的推理
  放課後 適性試験
確認テスト
適性試験
確認テスト
適性試験
確認テスト
適性試験
確認テスト
適性試験
確認テスト
*この時間割は一例です。
1・2年制共通科目に追加される2年制だけの科目
  • 公務員試験
    対策科目
    基礎知識 判断推理基礎/数的推理基礎 
    基礎数学/文章理解基礎
    研修・実習 職業実践実習・講演/研修旅行
    ボランティア実習/フィールドワーク 
    マナー実習/面接対策
  • ビジネス
    科目
    資格・検定 Microsoft Office Specialist
    (Word/Excel/PowerPoint/Access)/
    漢字
1年制・2年制共通カリキュラム
  • 公務員試験
    対策科目
    一般知識 人文科学/社会科学/自然科学
    一般知能 文章理解/判断推理/数的推理/資料解釈
    演習・実習 適性試験/模擬試験/時事・作文/面接対策
  • ビジネス
    科目
    資格・検定 計算実務/簿記/ビジネス実務/ペン字
    実 習 Word実習/Excel実習
先輩の声
万全の体制で試験に臨もうと思った。
中学生のときから絶対に消防士になりたいと思うようになりました。高3の時、群馬法科の夏期セミナーに参加し消防士を受験しましたが今一歩及ばず不合格。そこで夏期セミナーでの授業が分かりやすかったこと、また高校時代野球中心の生活を送ったことから改めて基礎から学ぼうと群馬法科の2年制に入学。授業では、丁寧にわかるまで教えて頂き、面白く幅広く勉強ができました。森先生の判断推理の授業は自分たちで問題を作り解説をするため、作問者の意図をつかんだり、自分の考えをわかりやすく伝えることに役立ちました。さらに実践的な職場体験プログラム(職業実践専門課程)があり、ここで改めて消防士の訓練を体験し、消防士への志望も、より強固なものになりました。消防士の試験は体力試験がありますが、学校ではプロのトレナーである涌井先生に効果的なトレーニング方法を教えて頂き、役立ちました。面接は小金澤先生と繰り返し練習し自信がついた状態で本試験に臨めました。