オープン
キャンパスへ
行く

資料を
請求する

ボイラー技士


ボイラー技士(ボイラーぎし)とは、労働安全衛生法に基づく厚生労働省認定の国家資格で、各級のボイラー技士免許試験に合格し、免許を交付された者をいう。

 ●特級ボイラー技士 - 全ての規模のボイラー取扱作業主任者となることができる。
 ●一級ボイラー技士 - 伝熱面積の合計が500m²未満(貫流ボイラーのみを取り扱う場合において、その伝熱面積の合計が五百平方メートル以上のときを含む。)のボイラー取扱作業主任者となることができる。
 ●二級ボイラー技士 - 伝熱面積の合計が25m²未満のボイラー取扱作業主任者となることができる。


詳しくは専用サイトを確認して下さい。

最新のブログ記事

ミスひまわり ポスターデザインコンテスト 採用されました
伊勢崎のミスひまわりコンテストのポスター…
平成28年度電験3種「電力科目」解説速報を掲載しました
平成28年度第三種電気主任技術者試験の「…
平成28年度電験3種「理論科目」解説速報を掲載しました
昨年度に続き、平成28年度第三種電気主任…
中央工科デザイン専門学校/〒371-0844 群馬県前橋市古市町1-48-1 TEL:027-255-3544 フリーダイヤル:0120-040066

Copyright Chuo technology&design college © Company 2014