オープン
キャンパスへ
行く

資料を
請求する

3次元CAD・CAD利用技術者試験


CAD利用技術者試験は、CADを利用するうえでの技術を明確化し、一定水準の技術に達している者に対して評価・認定を行い、その技術保持者の育成と社会的・経済的地位の向上を図る検定試験。

CAD利用技術者試験は、平成2年10月の創設以来25年間、現在までに延べ56万人を超える総受験者と、19万人を超える合格者を排出した実績のある資格試験。試験は、「2次元CAD利用技術者」「3次元CAD利用技術者」の2種類あり、それぞれレベルがある。

「2次元CAD利用技術者」は、「基礎」「2級」「1級」に分かれ、「1級」は分野別に「機械」「建築」「トレース」

「3次元CAD利用技術者」は、「2級」、「準1級」、そして「1級」と受験者のレベルに合わせて資格取得を目指すことが出来る。

詳しくは専用サイトを確認して下さい。

最新のブログ記事

ミスひまわり ポスターデザインコンテスト 採用されました
伊勢崎のミスひまわりコンテストのポスター…
平成28年度電験3種「電力科目」解説速報を掲載しました
平成28年度第三種電気主任技術者試験の「…
平成28年度電験3種「理論科目」解説速報を掲載しました
昨年度に続き、平成28年度第三種電気主任…
中央工科デザイン専門学校/〒371-0844 群馬県前橋市古市町1-48-1 TEL:027-255-3544 フリーダイヤル:0120-040066

Copyright Chuo technology&design college © Company 2014