オープン
キャンパスへ
行く

資料を
請求する

卒業生 インタビュー


2015年3月2日(月)

今日は、卒業生インタビューとして、佐々木さんにお話を伺います。
CGアニメーションコース 2014年3月卒業
スタジオモントラスト勤務(前橋 デザイン・3D-CG制作)


以下、柴田:柴  佐々木:佐


柴:こんにちわ(^-^*)/コンチャ!
   今日は今のお仕事についてや、就職について聞かせてください。

佐:こんにちわ。なんなりと聞いてください。

柴:さて、いまのお仕事していて充実してますか?

佐:はい!してます!メインはデザインや3D-CGを行っている前橋の会社ですが、私は実写の映像を担当していて、撮影と編集の毎日です。

柴:あれ?映像っていうと在学中は編集とかしてましたか?

佐:いや~~。まったく・・・。会社に入って覚えました。使ってるのはPremiereです。
   映像のことも勉強をしておけば良かったと後悔してます・・・。
  在学中に使っていた、PhotoshopやIllustratorも使っていますよ。

柴:ちなみに今は、どういうお仕事をしているのですか?

佐:この間、やったお仕事ですが、前橋歴史遺産探訪の双六を作りました。

佐々木.png

柴:おお!いいですね♪(*^_^*)♪。イラストを勉強した成果が出てますね。
  佐々木さんが充実した仕事をしているので何よりです。
  そいえば、佐々木さんが工科デザインを選んだ理由って何だっけ?

佐:ずっとイラストを描いていて、イラストの勉強ができるのは東京しかないと思っていて、
  だけど東京には行きたくなかったんで、就職しようと思っていました。
  いざ、高校で就職しようと思った時に先生から、進学を勧められて、
  その時に工科デザインのことを知りました。
  群馬でイラストの勉強ができるっていうので、すぐに決めました。

柴:で、入って良かったですか?

佐:はい。いい先生(幅田先生)にも出会えたので・・・。

柴:そろそろ時間が迫ってきてしまいました(ノω=;)。。。
   これから就職活動を行う後輩に向けて一言お願いします。

佐:私は、卒業間近で就職を決めました。やっぱり、「落ちたらどうしよう」とか、「社会に出るのが怖い」とか思い、腰が重かったからです。
  でも、働いてみて気づきました。働くと知らぬ間にスキルが身についてます。仕事なので覚えが早いんです。
  仕事でいろいろなところへ行き、多くの人と会って話しをするので、自分の引き出しが増えていくのが目に見えて分かります。
  働いた方がいいとは言わないけど、一歩踏み出すと学生のときは全く違う世界がそこには広がっています。毎日楽しいですよ。

柴:ありがとうございます。いろいろといい話しが聞けました。
  学校へもまた遊びに来てください。

佐:こちらこそ、ありがとうございました。

広報部 柴田

最新のブログ記事

ワークショップ デジ絵のキホン 開催しました!
CITワークショップ デジ絵のキホンを行…
DESIGN FESTA vol.43に出展しました!
5月14日(土) 東京ビッグサイトで行わ…
電験三種 直前対策講座のご案内
高校生対象の電験三種(電気主任技術者)の…
中央工科デザイン専門学校/〒371-0844 群馬県前橋市古市町1-48-1 TEL:027-255-3544 フリーダイヤル:0120-040066

Copyright Chuo technology&design college © Company 2014