オープン
キャンパスへ
行く

資料を
請求する

プロダクトデザインコース1期生 業界就職内定!!


voice005_01.jpg

荒巻 千夏さん
プロダクトデザインコース 2年
高崎北高等学校出身


今回の「VOICE」は、プロダクトデザインコース在籍中の荒巻千夏さんです。彼女はプロダクトデザインコースの1期生であり、本コース初の就職内定者です。就職内定先は金属深絞り加工、一般プレス加工、筆記具製造を行っている「株式会社島田製作所」で7月26日に内定を頂きました。


voice005_02.jpg



原 :まずは就職内定おめでとう!

荒巻:ありがとうございます。

原 :ところで、デザインに興味を持ったのはいつ??

荒巻:小学校の高学年くらいです。
___デザインの中でも特に立体造形物が好きでした。

原 :元々デザイン業界に進もうとしてたの?

荒巻元々ものづくりは好きですが、
___仕事に結びつけるまでは考えていませんでした。
___ただ、高校2年生のときにやはり立体造形物、
___特に工芸品が好きで、漆塗り職人に弟子入りしようかな?
___って考えたこともあります(笑)

原 :デザインを学ぼうと専門学校を選んだのは何で?

荒巻高校のときの自分の学力を考えたときに、
___大学進学も考えたのですが、
___大学を卒業して何が出来るんだろう・・・と考えたんです。
___であれば、専門学校に進学して自分の好きなことを学び、
___技術を身につけてしっかりと就職しようと思いました。

原 :就職はやはり、デザイン会社を考えてた?

voice005_03.jpg



荒巻私は、CADが得意なので、
___CADを使える仕事に就きたいと考えていました。
___プロダクトデザインはやはり、CADが扱えないとダメですからね。
___私は、CADで数値を入力したり、きっちりしたものをつくるのが好きなんです。
___なので、プロダクトを活かして、CADを扱える場所を考えていました。

原 :今回、島田製作所さんを受けたきっかけは?

荒巻担任の篠崎先生からの紹介なんです。
___そして、就職指導センターの金田先生に付き添ってもらって、
___会社説明に行ってきました。

原 :就職試験のときに、ポートフォリオ(作品集)は持っていった?

荒巻はい!

原 :ポートフォリオ(作品集)をつくるうえで、どんなところに力を入れた?

荒巻完成した作品を入れるのはもちろんなんですけど、
___作品をつくる過程もポートフォリオに入れました。
___まず・・・
____1.アイデア出し
____2.マーケティング(市場調査)をして
____3.マーケティングの状況を表にまとめて
____4.つくりたい製品のデザインスケッチ
____5.レンダリング(場合によりCADを使用)して
____6.モック(模型)の写真を入れました。
___モックに関しては、つくる製品により素材が違うので、
___紙・粘土・リボード(スウェーデン生まれの紙素材で、
___軽くて強いボード素材)・スタイロフォームetcを使用しました。

原 :面接試験ってあった?

荒巻社長面接がありましたが、3分くらいで終わりました(笑)

原 :えっ??

荒巻でも、会社説明に行ったときにプロフィールカードを持っていき、
___社長さんに事前に見てもらってましたから。

原 :プロフィールカードにはどんな内容を載せたの?

荒巻自己PRと、学校で行った産学連携デザインの内容を載せました。

原 :なるほどね!荒巻さんは、どんな社会人になりたい?

荒巻自分にしかできない特別な技術を身に付けたいです!!!
___そして、ゆくゆくは企画出来る様になって、
___荒巻ブランドをつくりたいですね^^

原 :今、荒巻さんと同じ業界に進もうとしている方へ
___メッセージやアドバイスをお願いします。

荒巻プロダクトという分野はとても幅広い分野ですので、
___その広い範囲の中から自分の「これだっ!!」という分野を見つけ
___それを突き詰めていくことが大切なことだと思います。

原 :貴重な時間お付き合い頂きまして、ありがとうございました。
___荒巻さんが内定通知を受け取ったのはちょうど
___中央工科デザイン専門学校のオープンキャンパスの日で、
___荒巻さんはそのオープンキャンパスを手伝ってくれていた日でしたね。
___内定通知を手に嬉しそうな顔をしていたのは凄く印象的でした。
___荒巻さん。内定本当におめでとうございます。
___荒巻ブランドが出来たら、原へのプレゼントお待ちしております(笑)

中央工科デザイン専門学校/〒371-0844 群馬県前橋市古市町1-48-1 TEL:027-255-3544 フリーダイヤル:0120-040066

Copyright Chuo technology&design college © Company 2014