オープン
キャンパスへ
行く

資料を
請求する

工場見学(富士重工業 群馬製作所)


  6月20日(木) 3D-CAD技術者コースの1・2年生と 電気通信デジタル技術コースの2年生、引率、学園バスの運転手さんの 総勢27名で 群馬県太田市にある 富士重工業の工場見学に行きました。

 9:20に中央カレッジグループのマイクロバスで新前橋を出発しました。 途中にトイレ休憩を2回とって、10:45に目的の富士重工業の工場正門に到着しました。

 「ビジターセンター」という外部からの訪問者用の建物にマイクロバスを横付けし、エントランスホールに一旦集まりました。

P6200044.JPG

 

この写真は、帰る前にエントランスホールで撮った集合写真です。

 

11:00 「ワタナベさん」というスバルの綺麗なおねえさんに案内されて、オリエンテーションホールで15分間の説明映像を観賞し、いよいよ工場見学です・・・・工場内は撮影禁止なので、画像はありません。

 検査工程、組立工程(トリム)、板金プレス工程、と工場内部を見学しました。3500トンプレスとか想像できないスケールの(3階建てのビル位の大きさ)生産機械や工業用ロボットが、チャッチャと作業をしていました。

 

 工場を案内されているうちに、いつのまにか元のビジターセンターに繋がる空中廊下に来ていました。 
 その後、展示ホールで スバルの試作車やコンセプトカーの展示を見学しました。

P6200025.JPG

 手前の右が「スバル360」 左の白いのが「スバルサンバー」・・・涙モノのヒストリックカーが並んでいました。

 その後、順路に従って2階に案内され「FHIキャラリー」で 往年の「ラビットスクーター」やボクサーエンジンのカットモデルの展示を見学しました。

P6200042.JPG

気がつくと、13:00近くになっていました。 あっというまの2時間でした。

 

 本校では、何かにつけて学生が「感想文」を書くことになっています。 しかし、今回は「報告書」にしました。 
 その考察では、さすが群馬県の地元出身の学生が多いので「小学校の時、バス遠足で」という者も数名いました。 ですが、運転免許を取る年齢になって、そしてさらに専門学校で工学を学んでいると「将来の仕事」と関連して考えて、「大変良かった」「興味深く見学した」というものが大半でした。

 

  ・・・個人的には、以前大泉町方面で働いていて、久しぶりの「太田市」でした。 矢島工場の近くにベイシア・スーパー・モールができていて、かなり便利になっていました。・・・道の駅 おおた、とか  ちょっと、びっくりしました。 学生の昼食を この近辺で各自することとして、14:10再び集合し 学校へと帰路につきました。

 

 15:40 新前橋に帰ってきました。 帰りのホームルームは15:50からなので、絶妙の帰着時刻です。(笑)
 3DCAD技術者コースの学生は、週末にCAD検定があるので「この後、放課後の検定補習」です。

疲れているかも知れません。 正直シンドイですが、検定合格を目指して頑張りましょう!!!

 

 学生の工場見学をセッティングするのは、けっこう大変でした。 しかし、学生の「報告書」を読んだら「また機会を作って工場見学に行こう!」と思いました。

                                              教務部 高杉

最新のブログ記事

ワークショップ デジ絵のキホン 開催しました!
CITワークショップ デジ絵のキホンを行…
DESIGN FESTA vol.43に出展しました!
5月14日(土) 東京ビッグサイトで行わ…
電験三種 直前対策講座のご案内
高校生対象の電験三種(電気主任技術者)の…
中央工科デザイン専門学校/〒371-0844 群馬県前橋市古市町1-48-1 TEL:027-255-3544 フリーダイヤル:0120-040066

Copyright Chuo technology&design college © Company 2014