在校生の声

先生方との距離が近く、サポートも手厚い。

下山 由珠 さん
伊勢崎清明高校 出身

歯科衛生士になりたいと思ったのは、幼稚園の頃の歯医者通いの思い出から。こわくて泣いていたら、衛生士さんが優しく接してくれて行くのが楽しくなったことがありました。それで、高校で進路を考えたとき、国家資格を取って歯科衛生士を目指そうと決めました。
この学校を選んだのは、午後に空き時間のあるカリキュラムと、オープンキャンパスに参加したときに感じたフレンドリーな雰囲気に魅力を感じたからです。

実際に入学したら、オープンキャンパスの時の印象そのままでした。もちろん専門的な勉強なのでちょっと大変なこともあるけれど、クラスのみんなで助け合って勉強するから、難しくても全然苦になりません。入学して間もなく泊まりがけの国内研修旅行があって、そこでクラス全員と一気に仲良くなれましたね。先生方のサポートも手厚く、できるまで何度も教えてくださるので、絶対に落ちこぼれることがないんですよ。

午後の授業がない日は、販売店でアルバイトをしていますが、そろそろ歯科医院でのアルバイトに切り替えようかなと考えています。1年生でもクラスの半数くらいは歯科医院で働いています。学校に歯科医院の求人がたくさん来ているので、先生に相談して働き先を決めたいと思っています。
将来は、歯科医の先生と患者さんとの間に立って不安を取り除けるような衛生士になるのが目標です。治療についてもわかりやすく説明できるように、これからもしっかり勉強していきたいです。

午後の時間を有意義に使えるカリキュラムが魅力。

川田 ひかる さん
市立太田高校 出身

進路を考えたとき、国家資格を持っていた方が社会に出てから強みになると思いました。看護師の資格も考えましたが、私には夜勤のない歯科衛生士の方が向いていると思って。この学校を選んだのは、授業が午前中で終わる日が多く、午後にアルバイトができるカリキュラムがいいなと思ったからです。

私は理数系が苦手だったので最初は不安でしたが、オープンキャンパスのとき「専門的な勉強だから、みんなまっさらの状態で一から覚え始める」と言われて、入学してみたらやはり全員一緒のスタートでした。新しいことを学ぶのは、とても楽しいです。2年生から始まった臨床実習では、職場の空気に慣れるまでとても緊張しました。でも、先輩の衛生士さんが声をかけて、優しく教えてくださいました。実習中は木曜日が登校日なので、授業の後にみんなで実習先のできごとを教え合ったりして情報交換しています。

先生方がとても面倒見がよくてアットホームなのも、この学校の魅力ですね。分からないことや困ったことも、気軽に相談できる雰囲気があります。私たち一人ひとりのために、熱意を持って分かるまでとことん教えてくださっていることをすごく感じるんです。学生同士も目指すものが同じなので、「みんなと一緒にがんばろう!」とやる気が出ます。この学校を選んで大正解だったと思っています。

勉強も遊びも、学年を超えて仲がいい。

遠藤 真優 さん
渋川青翠高校 出身

高崎校の第一期生として入学しました。高校で福祉を学んでいたので、将来は医療か介護関係の仕事に就きたいと思っていたのですが、歯科衛生士は夜勤もなく、患者さんとも直接触れ合える仕事という点もいいなと思って選びました。
私たちには先輩がいませんが、臨地実習のことなど経験しないとわからないことは、後輩に伝えています。学年を超えて仲がいいんですよ。帰りの電車の待ち時間など、駅の周辺で買い物ができるのも高崎校のいいところですね。

1年生では座学中心ですが、2年生になると臨地実習が始まります。2カ月間の実習を3クール。他の学校では実習1カ月というところもありますが、ここは2カ月なのでしっかり身につきます。3年生になると最初の2カ月は臨地実習に行って、夏休みから国家試験の勉強に取り組むという人が多いですね。私は試験勉強を始めるのが少し遅くなりましたが、先生方が親身になって教えてくださるので、とても助かっています。

好きな科目は、歯周治療学と高齢者歯科学です。高齢者については高校でも勉強してきたことですし、歯周治療は衛生士がメインで活躍できる分野なので学びがいがありますね。
また、在学中にいろいろな資格が取れるのも、この学校の魅力の一つです。エクセルやワードなど基本スキルの他に、介護予防指導士とか、ビジネス実務、経済記事読み取り検定なども取得しました。社会人になってから様々な場面で生かせると思っています。
将来は、患者さんのお話をしっかり聞いて、気持ちを和らげてあげられるような衛生士を目指しています。