3年間の主な科目内容

実学重視でしっかり学ぶ3年間

1年次 まずは基礎学習。

医療人の基本となる基礎科目と協調性・周囲の方への配慮やマナーを習得します。
歯科衛生士としての教養科目と専門科目の基礎となる科目を学びます。からだの構造や機能、病気や回復後、社会との関わりなど、基礎的な実技も身につけます。

1年次に目指す資格
  • 文書処理能力検定
  • 社会人常識マナー検定
  • 経済記事の読み方検定
  • ビジネス能力検定ジョブパス

2年次 いよいよ現場で臨床実習へ。

臨床科目を中心に、より実践的な授業と実習で、スケーリングや保健指導など専門的技術・技能を向上させます。
さらに、夏以降には総仕上げとして、患者実習を実施し、期待と不安の中、歯科医院や幼稚園・小学校での臨床・臨地実習が始まります。

2年次に目指す資格
  • 和食アドバイザー検定

3年次 学んだ知識と技術を持ち国家試験へ

歯科医院での臨床実習だけでなく、高齢者施設などでの臨地実習にも行ってきます。実習が終わると総合学習の卒業研究を行います。
国家試験に向け、早朝から放課後補習まで、学生・教職員が一体となり合格を目指します。

3年次に目指す資格
  • 歯科衛生士
  • 介護予防指導士

歯科衛生士合格の流れ

入  学
  • 高等学校卒業または高等学校卒業程度認定試験に合格した人 ※年齢問わず
卒  業
  • 歯科衛生士の専門学校(修業年限3年以上)
  • 歯学部口腔保健学科系または歯科衛生士学科
国家試験
  • 試験科目
    解剖学/生理学/微生物学/薬理学/病理学
    口腔衛生学/衛生学/公衆衛生学/栄養指導
    歯科臨床大要(歯科臨床概論・歯科保存学・歯科補綴学・口腔外科学・小児歯科学及び矯正歯科学)
    歯科診療補助論/歯科保健指導論/歯科予防処置論
合  格
  • 歯科衛生士

主な科目内容

歯科衛生士概論

歯科衛生士を目指す皆さんが、保健・医療・福祉に係わることの意義や考え方、倫理的視点や科学的な裏付けを持って活動する心構えを学びます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

コミュニケーション論

仕事を円滑に進める上で重要な好感・安心感を高めるコミュニケーション技法を体得するため、基本である「話す」「聞く」技術などを的確に学びます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

歯科診療補助論

歯科材料や各種器具の取り扱い、診療の流れ・主な処置など診療補助に関する知識を習得し、臨床の場において十分対応できるように講義・実習を重ね学びます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

歯科予防処置論

歯科予防処置について理解し、歯科技術を習得すると共に相互実習の訓練を通じて共同作業を学びます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

歯科保健指導論

歯科保健指導及び歯科衛生教育の基本的技法を身につけ、臨床及び公衆衛生活動に十分対応できる能力を学びます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

看護学

歯科衛生士が知っておくべき看護技術や看護実務などを学び、看護や福祉の視点を理解し、専門職として「チーム医療」のあり方を学びます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

歯科放射線学

臨床歯科医学の領域として歯科放射線学の概要を学び、デンタルやパノラマ撮影の補助など、業務にあたっての心構えなど必要な理解を深めます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

栄養指導学

栄養学及び生化学の概要を考え、歯科保健指導に必要な栄養と食事指導について学びます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

歯周治療学

歯周病の予防と治療法を学び「歯周病」がどのような病気であるか、原因や進行のメカニズムを理解したうえで適切な予防法及び、治療法の目的や理論を学びます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

小児歯科学

小児(乳幼児を含む)発育期の歯のトラブルや治療などの小児歯科学の概要と歯科診療補助の方法を学びます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

口腔外科学

疾患の内容・診査・手術・麻酔等の口腔外科学の概要と歯科診療補助の方法を学びます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

歯科矯正学

悪い歯並びや噛み合わせを、きれいな歯並びにする治療。この矯正についての基礎知識・治療の概要、診療補助における使用器具やその取扱いを学びます。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

卒業に必要な単位数

  授業科目 1年次 2年次 3年次 単位数
基礎分野 生物学 30     2
心理学 60     4
英語・歯科英語 15 15   2
化学   30   2
専門基礎分野 解剖学 45     3
生理学 30     2
歯牙解剖学・組織発生学 75     5
病理学 30     2
微生物学 30     2
薬理学 30     2
衛生学・公衆衛生学   30   2
口腔衛生学・歯科衛生統計学 45 45   6
衛生行政・社会福祉   30   2
専門分野 歯科衛生士概論 15     1
歯科臨床概論 30     2
保存修復学・歯内療法学   60   4
歯周治療学 15 15   2
歯科補綴学   15 15 2
口腔外科学   15 15 2
小児歯科学   30   2
歯科矯正学   15 15 2
障害者歯科学   30   2
歯科放射線学 30     2
歯科医療倫理学     15 1
歯科予防処置論 75 75 75 9
歯科保健指導論 75 45 75 8
栄養指導学・生化学 30 15 15 4
歯科診療補助論 90 30 110 10
臨床・臨地実習 45 360 495 20
選択必修科目 関連医学・高齢者歯科学     30 2
コミュニケーション論 30     2
ビジネス実務 30     2
秘書概論 30     2
卒業研究     30 2
総授業時間数
卒業に必要な単位数合計
885 855 890 119