歯科衛生士の魅力とは

歯科医師と共に口の中から健康を支える
口腔内のプロフェッショナル

歯科衛生士は「歯科衛生士法」に基づいた国家資格であり、歯科診療補助・歯科予防処置・歯科保健指導の業務を行うことができます。歯科助手は、特別な資格もないため、アシスタントとしてのみ働けますが、歯科衛生士は医療専門職として業務、地位が保障されています。細やかな心遣いやソフトな対応が求められ、女性の従事者が多く、結婚・出産後でも再就職しやすく、収入も安定しています。

歯医者さんと言えば「歯科医師の先生に診てもらう」というイメージを持つ方が多いかもしれませんが、実は予防歯科に限って言えば、そのメインは「歯科衛生士」なんです。歯科衛生士は専門的な知識・技術を身に付けた予防のプロフェッショナルです。

歯科衛生士の魅力

スペシャリストで
あることを表す国家資格

歯科衛生士は法律に基づいた国家資格。歯科医師とともに歯科予防処置が認められた職業です。歯を削ったり治したりという治療は歯科医師しかできませんが、予防処置の方は多くの歯科医院において実質歯科衛生士に任されています。

たくさんの人の
健康を支える仕事

お口の健康を守るスペシャリストとして、歯科医師と同様に患者さんの口腔内の健康を直接支える仕事です。また、むし歯や歯周病の予防処置や保健指導など患者さんの豊かな生活をかなえる歯科診療の中心的役割を担っています。

一生の仕事として
安定した就職環境

歯科衛生士を取り囲む就職環境は、女性にとって大変働きやすい環境が整っています。残業や休日出勤がほぼ無い安定した勤務時間、更に出産や育児による休職後の復帰がしやすく安心で、永く勤務できる職種として注目されています。

歯科衛生士の医療現場での役割とは?

現在、超高齢社会の中で歯科衛生士の活躍の場はどんどん広がっています。一般の歯科医院はもちろん、総合病院の歯科口腔外科や保健センター、高齢者施設など多岐にわたります。一般の歯科医院の中では主な仕事のみならず、患者さんの健康を第一に考え、円滑なコミュニケーションを図りながら、患者さんのモチベーションを高めることも重要な仕事です。その他、病院などでは口腔機能低下による誤嚥性肺炎や低栄養を予防するために口腔ケアの重要性が高まっています。その中で、「チーム医療」という考え方が広まり、その一員として歯科衛生士が活躍しています。チーム医療の中には歯科衛生士はもちろん、歯科医師をはじめ異なる診療科の医師、看護師やリハビリスタッフなどから構成されています。口腔ケアや栄養指導、摂食、嚥下指導等のチーム医療において、各々が専門性を最大限に生かした連携を行うことで、患者さんに対して、質の高い医療を提供することができます。

歯科衛生士のお仕事(3大業務)

歯科診療補助

チーム歯科医療の一員を担う

「歯科診療補助」とは歯科治療をサポートすることです。具体的には歯科医師に治療器具を手渡したり、歯の詰め物をつける際のセメントを練ったりします。また、歯型を採ったり詰め物を磨くなど患者さんに直接触れる事ができます。患者さんが快適でスムーズな診療を受けられるようにお手伝いをします。診療の機器や器具の準備、滅菌、消毒をしたりと仕事は広範囲に及びます。

歯科予防処置

むし歯や歯周病から歯を守る

「歯科診療補助」とは歯科治療をサポートすることです。具体的には歯科医師に治療器具を手渡したり、歯の詰め物をつける際のセメントを練ったりします。また、歯型を採ったり詰め物を磨くなど患者さんに直接触れる事ができます。患者さんが快適でスムーズな診療を受けられるようにお手伝いをします。診療の機器や器具の準備、滅菌、消毒をしたりと仕事は広範囲に及びます。

歯科保健指導

お口の健康と食べる喜びを伝える

「歯科保健指導」とは、学校や企業、介護施設など様々な場所で、あらゆる世代に対して健康を保つお手伝いをします。正しい歯ブラシの選び方や歯の磨き方のアドバイス、個人や集団を対象に食事指導や健康管理を行います。その他、病気や加齢によって口腔機能が低下した方などに対し、口腔機能向上の訓練を行います。