SOCIETY夢のつづき

CHUOで輝く。
3つの時代から語る

中学・高校・専門学校の3つの時代を振り返って語る、
輝く未来を手に入れるための方法をご紹介します!

[インタビュー] 三田 マドカさん 医療福祉秘書学科
医療福祉秘書専攻
(2017年度卒業)
高崎商業高等学校出身
[プロフィール]

1997年12月21日生まれ。O型
目標に向かって真っすぐ努力できる性格で、いつでも相手を幸せにする笑顔の持ち主。大切な家族は、父、母、4つ上の姉、ハムスターの「プー太」。趣味は料理で、得意料理はたまご焼き(味付けは醤油&コショウ派)。お弁当は2年間自分で作っている。「料理の味は保証しない。」というセリフももちろん笑顔で話す。好きなタイプの男性は、さわやかで一途な人。

私の
アドバイス

  • 「今日はここまでやる」と決めたら、必ず行なう“自分ルール”を守る!
  • 「自分はどんな性格?」から考えて、進路選択をスタートしてみる
  • 成人式で実感できる!友達を大切にしておく
  • 学校選びのポイントは、「自分の目標を達成できるか?」「雰囲気は自分に合うか?」を確認すること

私の“中学校時代”ストーリー

今の勉強スタイルは
いつから身についたの?

勉強のやり方が全くわかっていなくて、中1時代に数学で20点!?正直、かなり焦りを感じました。中2の頃から塾に通い出し、「やると決めたことは今日中に終える」という今(専門学校)の勉強スタイルを確立した。勉強スタイルを確立できたことで「やればできる」という自信が生まれ、勉強が楽しくなってきた。(その頃、何と数学が20点→80点に!)中3になり高崎商業高校への進学を決意。平日は部活(夜7時終わり)の後、親の車でお弁当を食べそのまま塾へ行くことも。高商を目指す友達と二人で頑張り、二人とも見事、合格できました!!

吹奏楽の部活も
頑張っていたんだよね?

はい!小3からマーチングをはじめ、ガード(旗振り)を担当しました。ガードは姉もやっていたので小さいころから見ていて憧れていました。小学校でマーチング→中学校で吹奏楽部の流れはお姉ちゃんの影響だと思う。ちなみに吹奏楽部ではフルートの担当でした。吹奏楽部では、先輩や講師の先生が本当に熱心で、専門的な技術、あいさつや礼儀の大切さまで本当に多くのことを学んだ。「自分の敵は、ほとんどが自分」という負けない心は、この頃に鍛えられたと思います。

私の“高校時代”ストーリー

高校を高崎商業高校に
決めた理由は?

行くなら普通の勉強より資格をとれたほうがいいと高崎商業に入学しました。高校では“やる時はやる!遊ぶときは遊ぶ”という生活だった。高1の時の簿記の先生は、授業に対して“思いがある人”で授業もわかりやすく、初挑戦で簿記の検定に合格!その後も、学費免除がある専門学校の推薦入試のため、全商の検定1級4種目の取得を目標に勉強しました。

医療分野に興味を
もったきっかけは?

中学生時代の夢は保育士でした。やるベンチャーで体験し、子どもは可愛かったけど方向転換。高校2年生の時、ブライダル系分野の学校のオープンキャンパスに参加。職業自体はかっこいいけど、創造することが苦手だなぁと、2回目の方向転換。その後「看護師もいいかも…事務系もいいよな…。」と迷っていたけど、医療事務の魅力を知り「これだ!」と決めました。

CHUOのオープンキャンパスには
参加した?

高3になってから、5月と8月に2回参加。絞られた3校の候補から、9月末に中央情報経理に決めました。決めた理由は、①雰囲気がワイワイしていて人数が多い、②行事も多くみんなで盛り上がれそう、③高校内で開催された進路説明会に来た先生の説明、の3点です。

高校卒業までの間はどう過ごした?

学費免除がある専門学校の推薦入試のため、全商検定1級を4種目取得する勉強を頑張っていました。それに加え、アルバイトと自動車免許を取得するために教習所に通っていました。

私の“専門学校時代”ストーリー

担任の先生の第一印象は?

ビフォアスクールの時から「何でも話せそう。」と思っていた。聞きたいことを聞け、とにかく明るくて元気な先生で安心しました。自分自身も明るく元気って言われるけど、石黒先生の「向き不向きより、前向き」という言葉に、かなり影響を受けていると思います!

初日の授業はどうだった?

高校の時と全然違いました。医療機関の違いや就職できる職種の話があって授業がおもしろいと思いました。医療のことって生活にも深く関係しているから、保険証の種類が仕事によって違うとか知った時は、お母さんにも教えてあげました(笑)

通ってみて感じたCHUOの良い所は?

先生との距離が近いので、何でもすぐに相談できること。専門学生は大人だし、一人で行動したりすることが多いっていうイメージだったけど、高校の時と同じように「クラスの意識」も高く、みんなで勉強や検定前の対策を頑張ったり、合格できた喜びを分かち合ったりできたのはすごく良かったです。

専門学校の思い出に
残るエピソードは?

医科医療事務管理士の検定にクラス全員で合格したこと!一人でも不合格が出たらあんなに喜べなかったと思います。一緒に頑張った友達と泣いて抱き合い喜びました。
たわいもない日々も思い出で、実はお昼休みが一番楽しいです!

三田さんのカバン、すごく重そうだね。
大切な医科の※サポートブックはいつも
持ち歩いているよね。家でどれくらい勉強するの?

サポートブックを持ち歩くのは、いつでも家でカルテの問題を解けるように。眠くても「今日はここをやる!」と決めたものを必ず勉強しています。検定前はバイトが終わった(10時〜11時くらい)後から1時間。バイトがないときは2時間くらい。勉強は自分の部屋でしています。「集中できる曲」で検索したクラシックで集中力を高めています(笑)(歌詞があると歌っちゃうので…)

  • ※サポートブック
    治療費の価格が載っている「診療点数早見表」は、かなり分厚く、内容も難しい。それをわかりやすくまとめたものが、「サポートブック」。検定時、持ち込みが可能なので、授業のこと、自分で発見したことを書き込む。使い込んで、ボロボロだけどテープで補修して大切に使っている。

これからどんな風に働き、
どんな人になりたい?

仕事についていけるか不安だし厳しく辛いこともわかっているけど、自分は頑張って努力を重ね、できるようになるタイプです。初めからは絶対できないことはわかっているので、やる前からあきらめないように心掛けること、優先順位を考えて行動できるように仕事したいです。(結婚は25才までにしたい。子どもは2〜3人希望(笑))そして、努力することを忘れず、患者さまの気持ちに寄り添える人でいたいです。