BEGINNING夢のきっかけ

保育福祉学科の先生と在校生による対談

CHUOには、学生一人ひとりの強みと想いを伸ばし、育てる先生がいる。

保育福祉学科 教諭

飯塚美津子先生

渋川市の白ばら幼稚園で幼稚園教諭として勤務。育児後、渋川市内公立保育所等で保育士として勤務。中央情報経理専門学校 保育福祉学科では13年の教師歴がある。趣味は尾瀬歩きと劇団四季の観劇。学生にとっては常に母親的な存在であり、信頼も厚い。20代の頃の写真の笑顔はアイドル以上と評判。

保育福祉学科3年生
(前橋商業高等学校出身)

百々麻弥乃さん

中高とバレーボール部に所属し、バレーボールの魅力を「つないでつないで、ドーン!」と語る、明るく元気いっぱいな性格。好きな言葉は「笑顔」。尊敬する人は父親。「仕事で忙しいのに家事をしてくれ、この世でこんなにやさしい人はいないね。」と、母親と話す彼女の好きな曲は、家族愛にあふれた遊助の「Baby Baby」。

本気の失敗には価値がある。
そう思って見守ってくれる
先生だから、「何でも話せる!」。

保育の分野を目指したきっかけは?

オープンキャンパスで初めて会った時から、明るい笑顔で元気いっぱい。周りにわからないように「スッ」と気遣いもできる百々さんのことをわるく言う人はいないと思うな。

中学の職場体験で自分の通った明星幼稚園、高校でも職場体験で、たちばな保育園に行き、気がつくと保育園の先生、幼稚園の先生になりたいと思うようになっていた。それをきっかけにこの学校のオープンキャンパスに参加しました。

百々さんの好きな授業は?

座学が苦手な百々さん(笑)が大好きなのは教育相談と実習実技の授業。特に実習実技の授業は保育園や幼稚園の制作や発表会を実際に経験することを学ぶもの。ぐんまこどもの国で発表する劇に向けての準備中だよね。

そうです!クラスのメンバー各自でやりたい劇を出し合い、2個まで絞ってプレゼンして、みんな納得で「はだかの王様」に決定!「はだかの王様」では、私の役は詐欺師!?(笑)“うそはついちゃいけないよ”がメッセージ。当日は、ぐんまこどもの国で見に来てくれた子どもたちが喜ぶように頑張ります!

幼稚園の実習は、どうだった?

2年生の7月に10日間、自分が卒園した明星幼稚園に実習。先生たち覚えていてくれたことにびっくりした。

幼稚園、保育園の先生たちは、卒園した園児のことは忘れないと思う。特に保育園は関わる時間も長く深く関わるからね。毎日の連絡ノートにも、子どもの様子がお母さんに伝わるように書くようにしているから、お母さんから「この連絡ノートは一生の宝物です。」って言ってもらえた時は、私も嬉しかったなあ。

同じ年の10月に、たちばな保育園に10日間実習。飯塚先生に毎日電話で、報告と相談。「今日は雨だったからお部屋で○○したよ」と今日の出来事を飯塚先生と話すと安心した。色々、聞いてくれてありがとう!

電話では、質問に答えるというより、明日も頑張れるアドバイスを心掛けていた。「頑張ってくださいね。」という言葉ではなく、具体的に「○○するといいね。」という表現を意識していたので、それが伝わったのかな。

実習後に先生が「実習先の人が“積極的に動いてくれた”って言ってたよ。」とほめてくれた。自分でも“積極的に動く”ことを意識して行動していたから本当に嬉しかった!先生はほめてほしいポイントがわかってる!

みんなの普段の学校での行動からも“何を頑張っているのか”を見てとれる部分があるからね。普段の様子が、実習先の園長先生との会話とリンクしてくるので、その実習先の園長先生から聞いた話を伝えている。でも、逆に学校の姿とはリンクしてない例で、学校では甘えている学生も、実習先では激変し、しっかり者になっているという園長先生からの話に驚くこともあるんだ。

実習ノートにも厳しかったよね。

もちろん!保育の実習はノートの書き方も含めて、評価されるので、実習の9か月前から書き方を練習。最初は“字の大きさをまっすぐ書く”ことからだったよね。何度も提出しては添削し、を繰り返し、クラスの全員が書けるようにしていく。一度身についたノートの書き方は実習だけでなく、就職してからもずっと役立つから。他の学校ではそこまで見てあげられないところも多く、卒業生が幼稚園・保育園の実習指導者になったときに驚くみたい。

飯塚先生の存在は?

分かりやすい仕事の場面に置き換えることは意識しているかな。頭ごなしに言うと、その時は納得しても同じことを繰り返してしまう。「先生に言われたからダメ。」ではなく、本質に気付いてほしい。「何でダメなの?」に気付かないといけないのは子どもも大人も同じ。あとは、昔の子は「コラー!(怒)」ですんだことも、今のみんなを伸ばしてあげるには?と考えた時に“ほめてのばす”ことにたどり着いた。(笑)

“お母さん!”口癖は、「ほ~ら、○○しなさいよ~!」(○○で多いワードは、【1位】片づけなさいよ~、【2位】カバンおいてきなさいよ~)飯塚先生はクラスの学生1人ひとりを見ていると思う。「ダメって言ってるでしょ!」って叱ってばかりじゃなくて、子ども同士でけんかしていたら「叩いたら痛いよね?」って考えさせてくれる先生。飯塚先生はたまに「うちのおばあちゃんがさー」と、旦那さんのお母さんのことを話してくれる。朝7時30分には学校に来ていて、家に帰ってごはん作って介護して、疲れているはずなのに全然それを出してない!何で?私には絶対できない。理想の幼稚園・保育園の先生は飯塚先生。自分の子どもを預けるなら絶対、美津子!

お互いに一言

保育士の免許、先生の免許、医療事務の仕事など、世の中にはたくさんの資格をもって仕事をしている人がいるけど、最後は人間性!色々な先生がいても、「この先生が好き!」っていう理由に免許は関係ない。だから“人として”という部分を高めてほしい。元気さ、笑顔、人との出会いやつながりを大切にする人間性を身につけてほしい。

先生の存在は“偉大な母”です!先生の指導は、性格であり自然体!理由は、 ①いつも見ていてくれる ②毎日の出来事を話すと安心する ③問いかけて考えさせてくれる ④ほめてほしいところをピンポイントでほめてくれる ⑤甘やかさない これからも立派な保育者になれるよう、ご指導よろしくお願いします!