PUBLIC RELATIONS広報担当者からの
お知らせ

本校学生が、群馬イノベーションアワードのファイナルステージへ!(^^)!

2019.10.31 - thu

みなさん、こんにちは!中央情報経理専門学校 広報担当の奥木です。

7回目を迎えた起業家発掘プロジェクト「群馬イノベーションアワード(GIA)2019」(上毛新聞社主催、田中仁財団共催)の2次審査が27日、上毛新聞社で開催され、本校の情報ビジネス学科1年 伊藤 チアさんが、起業や第二創業を目指すビジネスプラン部門で「RE:Arize:精神疾患の人のための社会復帰プログラム」を発表し、見事、ファイナルステージ進出を決めました!(^^)!

2次審査には、エントリー総数428件の中から1次書類審査を通過した47組が臨みましたが、どの発表も素晴らしいビジネスプランばかり!その中から、ファイナル16組に選出された伊藤さんへ、心からの拍手を送りたいと思います。

伊藤さんが出場したビジネスプラン部門は高校生の部で4組、大学生・専門学校生の部で3組、一般の部で3組が選ばれ、創業5年未満の起業家を対象としたスタートアップ部門、創業5年以上の事業者が対象のイノベーション部門はともに3組が選出されました。(合計16組)

伊藤さんは、12月7日、ヤマダグリーンドーム前橋でのファイナルステージに臨みます。(正午開場、午後2時開幕)

「緊張すると思うけど頑張ってね!!こちらもオープンキャンパス終了後、応援に行きます(^_^)v」

 

いよいよ寒さも本格化し、私の仲間にも風邪の症状を訴える者がチラホラ...

お互い、体調管理には気をつけ健康的な日々を過ごしていきましょう!