PUBLIC RELATIONS広報担当者からの
お知らせ

本日、『群馬イノベーションアワード(GIA)2019』のファイナルに出場!!

2019.12.07 - sat

みなさん、こんにちは!中央情報経理専門学校 広報担当の奥木です。

7回目を迎えた起業家発掘プロジェクト「群馬イノベーションアワード(GIA)2019」(上毛新聞社主催、田中仁財団共催)の2次審査から1ヶ月...

本日12月7日、ヤマダグリーンドーム前橋で中央情報経理専門学校の情報ビジネス学科1年 伊藤 チアさんが、起業や第二創業を目指すビジネスプラン部門(大学生・専門学校生の部)のファイナルステージで、「RE:Arize:精神疾患の人のための社会復帰プログラム」を発表!(^^)!

2次審査と違いファイナルステージは、ビジネスコンテストであると同時に、エンターテイメントであると思います。プラン内容がわかればいいわけでなく、聴き手の心に響くようにしないといけません。それに向け、ここまで全力で準備してきた伊藤さんは、3分間のプレゼン時間を立派に、そして堂々とやり切っていました(^O^)

残念ながら、入賞には届きませんでしたが、今回の経験で大きな財産を得たのではないでしょうか。

素晴らしい発表をしてくれた伊藤さんはもちろん、ファイナルに出場した16組の方々全員へ、心からの拍手を送りたいと思います。

(何と大賞は、高校2年生!高校生のパワーと熱意に、こちらも負けてられませんよね!!)

厳しい寒さを吹き飛ばすような熱い時間を共有できたことを感謝すると共に、今後も挑戦する気持ちにあふれ、社会で活躍できる人材育成をしていく専門学校になりたい... そう願う今回のイノベーションアワードでした。