筑波実験植物園視察見学 行事

ハッ!と思うと車に流れているのは卒業ソング(涙
教務の柿崎です。

先日、フラワー&園芸ビジネスコースの2年生が、
茨城県にある筑波実験植物園へと視察見学に行って来ました。

DSC05835.JPG

筑波実験植物園は国立科学博物館が、
植物の研究推進の為に設置した植物園で、
園内では植物の多様性をテーマに、
様々な種類の植物が育成・展示されています。

DSC05842.JPG

植物園というと、冬の時期には植物が少なくなり、
夜のイルミネーション以外は園内が寂しくなるイメージがありますが、
ここ筑波実験植物園では大小複数の温室において、
熱帯やサバンナをテーマとした植物が生育されている為、
冬の時期でも多くの植物を目にする事ができます。

園芸店で見かける植物が自然に近い形で生育していたり、
知ってはいるけど実際に育っている姿を目にした事が無い、
バニラなどの植物も多く展示されている為、
学生達は皆一様に、生で見る珍しい植物とその生態に、
驚き感動しながら園内を見学していました。

DSC05865.JPG

見学時間よりも移動時間の方が長くなってしまいましたが、
その道中も卒業を間近に控えた学生達にとっては楽しいようで、、、
「家に帰るまでが遠足です」と、どこかで聞いたような記憶がありますが、
正にその言葉の通り、学校に帰ってくるまで、とても充実した視察見学でした!

教務部:柿崎
共有: