不況に強いアグリビジネス、フラワービジネス、フードビジネスの業界で即戦力として活躍できる人材を育成する群馬県前橋市の農業専門学校

お問い合わせ・資料請求はお気軽に
交通アクセス
見学・説明は毎日受付
9:00〜17:00(土日・祝日を除く)
0120-831-992
コース紹介

食農調理師学科新商品開発専攻
和食アドバイザー専攻

厚生労働大臣指定 調理師養成施設 文部科学大臣認定 「職業実践専門課程」 2年制
6次産業スキルを
身につけた調理師を目指す!
“大地の恵みを食卓につなぐ"高い調理技術と
健康的な食生活を提案できる人材を育成します。
食材を育てることから、一つひとつを理解し
より深い経験を積み、更なる可能性に挑戦する。

学びのポイント

  • 1 CAGならではの農業実習で差をつける
    本学科の特徴は、農業実習を取り入れていることにあります。自ら野菜を栽培して旬を見分ける目、食材の持つ魅力を理解する力を養い、対応力の高い調理師を育成します。
  • 2 自らのアイデアを商品化する力を身につける
    地域の飲食店と連携し、自らのアイデアを立案、商品化、販売促進、販売までを行うことで、一連の流れを実践的に学びます。
  • 3 日本人の伝統的な食文化「和食」の魅力を学ぶ
    ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」の文化や歴史も含めた、知識や技術を学ぶことで、広い見識とスキルを備えたオールラウンドで活躍する調理師を育成します。

カリキュラム

1年次時間割(例)
1
2
3
4
食文化概論
食品衛生学
調理実習
調理理論
栄養学
飲食教養
食品衛生学
実習
公衆衛生学
パソコン
実習
飲食会計
調理理論
食農概論
飲食教養
調理実習
食品学
POP・色彩
2年次時間割(例)
1
2
3
4
公衆衛生学
食農概論
6次産業
農業実習
食農実習
新商品開発
販売・経営
管理
食品衛生学
食農実習
調理理論
飲食教養
農業実習
食品加工論
就職指導
調理の基礎をしっかり学ぶ
調理の基礎をしっかり学ぶ
調理師に欠かせない知識や技術を基礎からしっかり学び、国家資格の調理師免許が取得できます。
伝統的な日本の食文化を学ぶ
伝統的な日本の食文化を学ぶ
日本の風土・地形が生み出した食文化を理解し、四季折々の食材を用いた和食のすばらしさを学びます。
商品開発を実践的に行う
商品開発を実践的に行う
自らのアイデアをカタチにするまでの工程を、企業と連携して行い、実践的に学びます。
「農」と「食」の知識を実践学習から学ぶ
「農」と「食」の知識を
実践学習から学ぶ
食材となる農産物の産地や特徴、調理方法を学び「農」と「食」の理解を深めます。

履修内容

  • 食品学
  • 栄養学
  • 食品衛生学
  • 食品衛生学実習
  • 公衆衛生学
  • 調理理論
  • 食文化概論
  • 調理実習
  • 校外実習
  • 総合調理実習
  • 農業実習
  • 食農実習
  • 新商品開発
  • 食育論
    (和食アドバイザー)
  • 販売・経営管理
  • パソコン実習
  • POP・色彩
  • 食農概論
  • 飲食教養
  • 飲食会計
  • 食品加工論
  • 6次産業
  • 卒業研究

目指す検定・資格

  • 和食アドバイザー
  • 調理師免許 〈国家資格〉
  • 専門調理師/調理技能士
    (学科試験免除)
  • フードコーディネーター
  • 食品衛生責任者
  • 食の検定・食農級
  • 飲食会計(簿記検定)
  • リテールマーケティング
  • 検定(販売士)
  • 食空間コーディネーター
  • など

主な就職実績

  • ㈱アーミップ
  • カルティエグランカフェ 
  • ㈱ドンレミー
  • 駒井病院
  • 日高屋
  • かつはな亭
  • 割烹 ふじ京
  • ホテルヴィレッジ
  • 焼きたてパン Praline
  • など
メッセージ
MESSAGE
幅広い経験と知識を積んで、子どもの笑顔を引き出す給食技師に!
私は子どもたちの笑顔を引き出せるような給食技師になることが将来の目標です。この学校は少人数制で、しかもモニター越しではなく実践的に学べることに魅力を感じて入学しました。班ごとに分かれて実習する総合調理実習はとても大変ですが、自分の夢の実現のための大切な授業。今まで作ったことのない料理にも挑戦できて、幅広い経験が積めています。クラスはみんな仲良くて明るい雰囲気。先生はいつも私たち学生の立場で時に厳しく、ときに優しく指導してくれます。まずは、自分がやりたいと思う道を見つけること。それが、夢を実現するための第一歩だと思います。
食農調理師学科
野村 幸音
群馬県立渋川青翠高等学校出身
メッセージ
MESSAGE
一般企業との連携で実践的に学べるのが魅力。社会へ出た時の自分自身の大きな力になります
CAGは調理だけでなく農業を学ぶことができること、さらに一般企業と連携しながら実践的な勉強ができることに魅力を感じました。実際、様々な料理を作ったり、マーケティングや経営について学んだりと、多角的な視野で学ぶことができました。マーケティングでは、実際の売り場写真などを見ながら、「どうすれば客足が増えるか」を議論、具体的な事例について学べたことは自分の大きな力になりました。ここで学んだことを活かして、将来は飲食店の新商品開発に携わりたいです。自分が考案したメニューでお客様を笑顔にすることが夢です。
食農調理師学科
土屋 魁星
群馬県立勢多農林高等学校出身
CLOSE
pagetop