しばいぬ日和 夏色 牛久和弘

こんにちは。今回のテーマは「夏色」です。

青い空、白い入道雲、色鮮やかな花火、かき氷のいちごシロップ、透き通ったラムネ…。

みなさん夏と言えばどんな色を思い浮かべますか?

思い浮かべた色はどんな思い出と重なりますか?

 

スポーツ観戦好きな私は、夏に中高校生たちが繰り広げる様々なスポーツシーンとそれぞれの色が重なります。白球、緑の芝、茶色いトラック、カクテル光線、色とりどりのユニフォーム…それぞれの舞台で見られる一生懸命な姿は、いつも心を熱くさせてくれます。また、試合に出ている選手だけでなく、声を嗄らせてベンチやスタンドから応援している控え選手や保護者の方からも思いが伝わってきます。感動すら覚えます。特に高校3年生にとっては、この夏を最後に部活動から引退し、競技に別れを告げる瞬間となる人もいることでしょう。それは同時に子供たちを応援してきた保護者の方たちの応援引退日でもあります。小学校から競技を続けてきたとすれば、12年間子供たちを支えてきたことになります。きっと選手たちも感謝の気持ちでいっぱいです。この夏もいろいろな思いと色が彩られるスポーツを観戦してきます。

選手のみなさん、部活動最後の夏を最高の夏にしてください。ぜひ!

共有: