飲む点滴 齋藤一行

暑い暑い夏がやって来ました。夏場、コンビニエンスストアやスーパーの飲料売り場で「甘酒」を見かけることが珍しく感じたのも今は昔、栄養価の高い甘酒で夏バテ対策というのが昨今では定番のようです。

夏と甘酒の関係はそれほど真新しいものでもないようで、甘酒は夏の季語にも挙げられ、真夏の江戸の町を甘酒売りが歩いて回ったという記録も残っています。

夏の甘酒が流行したのは江戸時代、土用の丑の日&ウナギ(ウナギも秋~冬が本来の旬の時季です)という組み合わせが定着したのと同じ頃と考えられています。

健康に善いものにはしっかりと消費者のニーズが結びつくという点は現代も変わらないでしょうか。そこまで見越していたかどうかはさておき、商魂や工夫が食文化を形成していくということも少なくないのかもしれません。

 

共有: