パクチー 茂木恵美子

こんにちは。まだ5月だというのにここ数日真夏のような暑さが続いていますね。

 

私は夏の暑い日は辛いものが無性に食べたくなります。その中でも大好きなのがグリーンカレーやガパオなどのタイ料理です。

以前、前橋のタイ料理屋さんに食べに行った際に私の顔を見た日本人の店員さんに「タイの方ですか?」と聞かれたことがあるくらい私の人相にはタイ料理好きが出ているようです。

そのタイ料理の中でかかせない存在が「パクチー」です。今はスーパーでもよく見かけますよね。

「香菜(シャンツァイ)」「コリアンダー」とも言われています。

 

初めてパクチーを食べた時はカメムシの味としか思えず絶対に好きにならない自信がありましたが、今では山盛りのパクチーでも食べられるようになり、私も大人になったなぁと感慨深いです。

 

さて、初めて食べた時に「カメムシ」と例えたあの独特の味、好き嫌いがはっきり分かれると思いますが、実はパクチーの匂いの成分はカメムシの匂いの成分と同じだって知っていましたか?

さらにパクチーの和名は「カメムシ草」。

 

これだけ聞くとパクチーを食べたことのない人は「美味しくなさそう・・。」と敬遠しがちですが、パクチー大好きな私の友人はカメムシのことを「パクチーみたいでいい匂い」と言っていました。ものの捉え方って人それぞれなんだなぁと関心しました。

 

と、ここまでカメムシカメムシと連発してきましたが、実はパクチーは美肌効果や老化防止が期待される、ビタミン類やカルシウム、鉄などの栄養素を豊富に含んだ優秀な野菜なんですよ!

 

まだ食べたことのない人は是非1度食べてみてください!

「良薬は口に苦し」

私と一緒にタイの風を感じられる大人になりましょう!

共有: