8月は祭り月。そして「花火」。 石川茂弘

地元の花火で心が躍るのは、私だけではないでしょう。

打ち上げ花火で尺玉(10号)は直径30cm。高さは、ほぼ330m。直径は320m。

色もいろいろで、炎色反応についての覚え方も色々。

 

①リンゴは赤、ナシは黄色、巨峰は紫、柿は橙(ダイダイ)、ストロベリーは紅、若いバナナは黄緑、ドリアンは緑。

Li 赤     Na黄   K紫    Ca橙      Sr紅        Ba黄緑      Cu緑

 

②リアカー なき  ケイ村(むら)動力   貸りようと するもくれない  馬力

Li 赤  Na黄   K紫     Cu緑    Ca橙    Sr紅        Ba黄緑

 

③する りと 軽く 縄  張りほ どー  く!  (スペクトル順に並んでいます)

Sr紅, Li 赤, Ca橙, Na黄, Ba黄緑, Cu緑, K紫.

 

※金属の炎色反応:金属元素を含む物質を無色の炎の中に入れると、それぞれの元素に特有の色の炎が現れること。

元素記号 Li Na K Cu Ca Sr Ba
元素名 リチウム ナトリウム カリウム カルシウム ストロンチウム バリウム
紫(赤紫) 青緑 橙赤(橙) 黄緑

 

 

打ち上げ花火の最後は、スターマインから始まり徐々に大輪の花火が黄金色に輝き、闇に包まれる。

 

華やかな打ち上げ花火と異なり、日本人の心に響く花火は「線香花火」かな。

火薬(松煙、硫黄、硝石) 0.08gを和紙に撚(よ)って線香花火が出来ます。

火薬側に火を点け、数十秒のドラマが始まります。

①最初は、先端に丸い玉が生まれ膨らんで燃える様が「蕾(つぼみ)」

②パチぱちパチと火花が飛ぶ様が「牡丹(ぼたん)」

③一層激しく火花が飛び散る様が「松葉(まつば)」

④火足が下がり、細い火花が一本また一本と消える様が「柳、散菊(ちりぎく)」

最後は、ポトリと落ちるか、静かに消えるか。

 

松煙(炭)は燃やすとパチパチと火花を飛び散らし、硝石は、燃えるとき酸素を出すので、激しく燃え上がります。

硫黄が松煙と硝石を閉じ込めて、あの丸い玉を作る云々。 化学に関心が湧きましたか?危険物、毒劇物の資格取得に化学の知識が活かされます。

 

 

 

共有: